ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
結婚注意報
若い女性からメールをいただく事もあります。『業界内の恋愛事情の話をお願いします。』なんて要望もありますが、体験談は控えさせていただきます。・・・では他の人の事なら書けるのか?というと、書けません。ただし・・・不動産業界に勤める女性で、社内恋愛から結婚・・というコースを選ぶ人も多いと思いますので、『これだけはやめておけ!』という助言に代えさせていただきます。

『自信タップリの営業マン』・・女性から見れば魅力的に見えると思います。しかし・・その状況が継続される保証なんてないのです。とくに仲介営業であれば、エリアが変われば最下位になるなんて珍しくもありません。人柄に惚れたのならば気にする事もありませんが、「実力のある自信家」と過大評価しているなら後悔する可能性もありますし、それは将来の離婚原因にもなる事でしょう。

『親と同居のパラサイト営業』・・いい年して実家の勉強部屋で生活しているタイプは、結婚相手としてはハイリスクです。「親の面倒を見ている」と言って、実際は月の生活費を家に2~3万入れているのなら笑えます。しかし、そのお金をご両親が結婚資金に積み立ててくれていたら泣けます。生活の苦労を知らないので、奥様が教える役割となります。

『趣味が多才で友人が多い』・・というのも、あまりお勧めはできません。そもそも男性は、「家族のために働く」という使命があります。遊びが充実しているタイプは、結婚後も自分のライフスタイルを捨てられません。あり余るお金があれば良いですが、そうでない時は共働きを強制される事となります。まぁ、価値観が同じなら苦ではないかな?

『他人を攻撃する事を好む営業マン』・・は自滅するのが早いのでお勧めできません。これも自信家に多いのですが、無駄に戦い過ぎるのです。これは自己中心的な要素が強く、自分が常に正しいと考える者が多い業界の中でも、よりその傾向が強い個性の持ち主です。定年後の攻撃対象は『奥様』となりますので、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.