ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
老害
この世界でベテランと呼ばれる現役営業職は考え方に柔軟性があります。過去を捨て、常に今を求める柔軟な考え方をしないと生き残れないのです。古い考え方に固執していると時代遅れになり自滅しますからね。

それに比べて、管理職となった中高年は老害と呼ばれる者も多く、そのような人達の存在は会社にとって不利益と言えます。若くて元気な時は会社に貢献したから、中高年になっても面倒を見る・・という美学なのでしょうか?

そのような余裕のある企業は良いですね。ただ、老害が直接的に不利益をもたらす事もあります。閉職で一日中、将棋でもしていてくれたら無害なのですが、営業の管理職でも任していたなら大惨事ですね。

例えば・・仲介会社なら、「無駄な広告戦略で金を撒き散らし、営業職の意見なんか聞かずに業績は低迷するが、まわりの人も、もう面倒臭いので放置・・」なんて事もありえます。何を言っても無駄・・これが老害の特徴です。

まぁ、そのような者を営業の責任者に任命するバカ会社は少ないと思いますが、もし存在するなら部下は不幸ですね。間違った戦略を間違いと知っていても、何も言えないわけです。言えば不機嫌になり、手がつけられなくなりますからね。

人材を潰す手法だけは熟知しているから困りますね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.