ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
問題2
前回に続き、私のオリジナル問題を記載します。

【問2】不動産仲介の営業職に関して、次の記述のうち正しいものはあるか。

1.業者に物件確認をする際に、社名は名乗らず「いつもお世話になります。物件確認ですが~」と言っても、相手も慣れているので問題は無い。

2.一般媒介物件を抜きにかかる予定で、とりあえず現在の一般媒介業者から図面を取り寄せたい場合、社名を言えば後日のトラブルの火種になるので、他社を名乗ってFAXしてもらった。

3.買取業者との取引で、取引業者から「謝礼です。今後もよろしく」と茶封筒を渡されたが、たぶん中身はビール券なのでポケットに入れた。

4.事務職と不倫関係になったが、水曜日に「急な仕事が入った」と言って家族との時間を犠牲にするのは家族への裏切りなので、火曜の夜だけ会う事にした。


【解答】正しいものは無し。

1.社名を言わない段階で非常識と判断されますので、「おかげさまで成約しました。」と返答される確率が高くなります。そのような対応しかできないのなら迷惑なので、早めに退職して違う業界に行って下さい。。

2.策略としては浅知恵と言えます。物件確認を全て記録している会社もあります。「担当者が外出中」と返答し、折り返し電話で確認してからFAXする会社もあります。ナンバーディスプレイで電話番号を確認している会社もあります。

3.たぶん中身は10万円です。それをもらう事が癖になればリベート中毒です。もうリベート無しではいられません。リベートのために物件を査定して、リベートをくれる会社に卸す・・となります。破滅への最短距離と言えます。

4.火曜の夜は疲れて帰宅・・という繰り返しなら、奥様も気がつく事でしょう。最終的に離婚して一人暮らし・・売れないでリストラ・・ホームレス・・という物語の始まりかも知れませんよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.