ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
見下す者達
この世界は自信家が多く、その大半は人を見下しています。自分のほうが優れていると信じているのです。それは自信を持ち続けるために必要な本能なのかも知れません。悲しい習性と言えます。

大卒が高卒を見下す・・・自分は大学を出たので、そうでない人を見下すという事ですね。・・で、自分が働いて学費を払ったのかな?ご両親の経済力に頼ったのに、経済力の無い家庭で育った者を見下すのですね。例えば・・貧しい国で餓死する子供を見下す事はできますか?

宅建合格者が不合格者を見下す・・・合格した人の多くは資格学校で講習を受けてます。半年で20万くらいかな?受講料を負担してくれる会社もあります。でもバカ会社では無理ですね。朝から深夜まで強制労働のように働かさせて、いつ勉強しろというのかな?資格取得の支援体制が万全の環境で合格した者は、不合格者を笑ってはいけません。

大手系列会社が中小を見下す・・・大手系列会社は大手ではありません。大手グループの子会社であり、なんとなく気分だけ大手なのです。「なんちゃって大手」です。ましてやフランチャイズなどは、「看板デザインだけ大手」です。中小企業を見下す理由にはなりません。小さい会社に悪質業者が多いのは事実ですが、それは個別の問題です。

好成績の者が業績不振者を見下す・・・仲介の世界なら、担当エリアや店舗責任者の采配により個人業績は左右されます。自分の意思や能力とは関係なく、上司の好き嫌いで勝負がついたりします。好かれるのも能力・・と言う考え方もありますが、上司が転勤したらアウトですよ。

不動産業界は、まだ悪いイメージがあります。不動産業界自体が世間からは見下されていたりするのです。人を見下して自己満足に浸るのでは無く、人として尊敬される者を目指したいものですね。・・・人を見下して悦に入る姿はカッコ悪いですし、同性にも異性にも嫌われますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.