ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
社内雑談
不動産仲介の営業マンは社内業務が多いです。チラシ作成・・印刷・・電話セールス・・報告・・ネットで物件検索・・DM作成・・書類作成・・社内業務はエンドレスです。そんな業務をしながら、同僚との雑談も楽しいものです。例えば・・

「・・そういえばさぁ・・昨日の客、どうだった?」
「・・えっ・・あーアレね。全然ダメ。親が反対だってさ。」
「マジ?まったく、家と嫁くらい自分で決めろって言いたいよね。」
「だろ!・・疲れるよ。親は口を出さないで金出して欲しいよ。」

「今週もオープンやるの?」
「俺もやりたくねーよ。・・でも、売主対策しないとヤバイわけよ。」
「更新近いの?」
「来週。切られる予感してるけどね。最近、奥さん冷たいもん。」
「そう・・。でも価格、高いよね。」
「わかってるよ、でも下げる話すると物凄い不機嫌になるわけよ。」
「いるよね・・そうゆう売主・・無理して売る理由ない!とかでしょ?」
「そんな感じ。何を言ってもダメ・・媒介切ろうかな?・・」

「・・水曜、どうする?」
「えっ・・休むでしょ?普通・・。出るの?」
「月末だしさ・・何か言われそうじゃない?休むと・・。」
「冗談やめてよ。俺は絶対に休むよ。何があってもね。」
「休みたいな。先週見逃した働きマン・・再放送、昼間やってるし。」
「あ、俺も見逃した。予約録画して夜のと連続してみるかな?」
「予約録画?なんだよ。出勤するわけ?」
「いや・・考え中。」

どこの会社でも、こんな感じでは?・・社内で過ごす時間は長いので、リラックスタイムも必要です。上司の顔色ばかり気にしていると健康に悪いですよ。ご用心。
不動産仲介という仕事
不動産仲介の営業は不動産を仲介するのが仕事です。社有物件を売る販売とは違います。売るという事は、売主が買主に売る行為です。仲介は紹介者であり、契約成立により報酬を得ます。

物件を探している人には、流通している物件の中から希望条件に合う物件を検索して紹介します。物件を売りたい人には物件を広告宣伝して購入者を探して紹介します。

個人仲介は、顧客の希望条件に合った物件を探すの仕事ですが、けっこう難しいのです。まず、予算と希望条件が合っていないと無理です。

・・予算と希望条件が適正でも、感覚やセンスの問題があります。「なんかイメージが違うのよね~。」という一言で撃沈する事なんて数え切れません。

・・予算と希望条件とセンスが合っても、親戚に相談して、「まだ早いんじゃないか?焦らずに探したほうが良い。」なんて訳知り顔で言われたらアウト。

・・予算と希望条件とセンスをクリアして、親戚の邪魔が入らなかったとしても、ローン等の滞納なんかしてたなら融資否決でアウト。

・・予算と希望条件とセンスはクリア・・邪魔も入らず、銀行融資が問題なしでも、グズグズしていて物件が売れてしまったらアウト。

不動産仲介の仕事は稼げそうだ・・と考えるのは自由ですが、誰でも簡単に稼げるなんて言った覚えはありません。それに、このブログを見てもセールスの腕は上がりませんよ。ご用心。
不動産営業
不動産の仕事は奥が深く、とても面白い仕事です。しかし・・・・誤解を恐れずに言いますが、私はセールスマンが大嫌いです。もちろん不動産の営業マンも大嫌いです。自信過剰で人を見下した者が多く、とてもとても好きにはなれません。

物件の問い合わせでもしたなら、とにかく電話番号や住所を言わそうと必死なのがバレバレで、言わないと態度を急変させる者もいます。お客が帰った後で、「あんなのは客じゃねーよ!」と愚痴を言っている営業も珍しくはありません。

確かに酷い客もいますが、不動産の営業ほどではありません。とにかく自分が一番優れてる・・と過信するバカさでは他の追随を許さないのが不動産営業です。お客様主義・・なんて営業は1人も見た事ありません。口ではそんな事を言っていたとしても、心の中は「お金くれ!」です。

自信過剰には気をつけたほうが良いですよ。本当に優れている者が、マンションの集合ポストにチラシを配ったりする仕事をしているわけないでしょ?学生時代に成績優秀だったとしても、今、何故?自分がこんな仕事をしているのか?その優秀な脳ミソで考えてみると良いですね。ご用心。
子連れ狼
ずいぶん昔の話です。夜になると子供を保育園に迎えに行く営業マンがいました。そして、また会社に戻り、子供はパパの仕事が終わるまで車の中で待っていました。

普通は、離婚しても女性が子供を引き取るケースが多いです。養育権を争っても女性が有利な国です。しかし、男性が育てるとしたら、このようなスタイルになりますね。

大きい会社だと難しいですね。子供を迎えに行く・・車で待たせる・・そんな行為は許されないと思います。実家を頼れるなら預けるとか、24時間保育に預けるしかありません。

不動産の営業なら、仕事が5時とか6時に終わるはずありません。土日も仕事です。だから、離婚して子供を育てるのは難しいですね。養育費を払うほうが楽だと思います。

その営業マンは、子供を育てながら一生懸命に仕事をしていました。子供を車の中で待たせるのは良くないと批判するのは簡単です。しかし、自分が同じ立場ならどうするのでしょうね?誰だって預けられる人がいたら預けていたはずです。

楽に生きている人もいます。大人になっても両親の世話になっている人もいます。人に寄りかかり楽に生きている者より、カッコ悪くても必死に生きている者のほうが私は好きです。そんな人を応援したいです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.