ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
査定不可能
「この家は、いくらで売れるの?」と言われて困った事があります。どうして困ったか?・・それは、質問が「売れる」事を前提としているからです。

高低差のある物件で、建物の解体費用や、擁壁工事の費用を差し引くとマイナスになる物件は存在します。現況では利用できない物件です。貸す事も売る事もできません。

たとえば・・周辺相場で計算すると1000万円の土地でも、解体や擁壁工事に必要な費用が1000万円なら、金銭的な価値は無いのです。心情的な価値までは否定しません。「思い出」とかね・・。

・・で、計算上マイナスの場合、そのような説明をしても理解できないと思います。おそらくは、お金を払って処分するくらいなら売らない・・永遠に固定資産税を支払う・・という選択肢を選ぶと思います。

不思議に思うのですが、マイナスになる物件は、「お金を払って、引き取ってもらう」という事もありえますよね。売買契約書って、どうなるのでしょう?

『売買価格 金-200万円』 売主は買主に売買代金を支払い、買主に本物件を引き渡す事・・・なんて書くのかな?今までは経験した事がありませんので分かりませんが、今後はありえますよ。

人口が減少すれば家余りです。不便な場所の利用価値が無い物件は、無料で引き取って欲しいと頼まれても断る事がありえるのです。固定資産税を払う義務が発生する分、損だからです。

土地だけの話ではありませんよ。リゾートマンションを無料でもらった・・管理費を毎月80,000円も支払う義務を負ってしまった・・損だから誰も引き取ってくれない・・となればマヌケです。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.