ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
越権
部下を怒るという行為は職権乱用です。指示をすれば良いのです。指示をする際に個人的な感情表現をする事までは権限が無いのです。叱る・・怒る・・は越権行為という事になります。

例えば・・「先日に案内した顧客には資料を送ったのか?」と言うのは職権の範囲ですが、「・・送ったのかよ!送れって言っただろ!何を考えてるんだ!小学生でも分る事だろ、馬鹿野郎!」と言うのは暴言であり、越権行為であり、職権乱用と言えます。

また、人権侵害、精神的苦痛に伴う損害賠償も考えられます。でも今までは問題にならなかった・・業界では、この位は常識の範囲だ・・という考えなら怪我をしますよ。そんな不動産業界の常識なんて、非常識の集まりの中だけで容認された常識です。

世間一般では共通の見解として「非常識(ひじょうしき)」なのです。勘違いしてる人が多いのですが、部下は上司の肩書きに頭を下げているだけであり、人間的に尊敬しているわけでも、自分より能力が優れているとも思ってはいないのです。

自分が偉い人間と勘違いし、偉そうな態度をとるのは恥ずかしい事であり、また、その程度の事に気がつかない自分の無能さをアピールしているのと同じなのです。指示する度に個人的な感情的発言をプラスするのなら、個人的な恨みを残します。

上司の方も、個人的に恨まれる程の手当てを支給されているのなら別ですが、そうでないなら得はありません。自分が崖っぷちに立った瞬間を逃さず、笑顔で後ろから押されますよ。ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.