ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
セールス不要
不動産仲介会社は、土日の新聞折込チラシをチェックするために新聞を購読してますが、今後は無駄なのかも知れませんね。どこの会社も、「新聞の時代」がもうすぐ終るという事に気がついてます。新聞折込チラシの反響が激減しているのです。

最初は、「物件価格が高いのかな?」とか、「不況だからかな?」と考えていたのですが、同業他社に聞いても同じ状況です。同業者と広告の話をすると必ず、「新聞折込広告対インターネット広告」の費用対効果について議論になりますが、インターネットのほうが効果的だという結論に至ります。

インターネット広告と言っても、ほとんどが大手不動産情報サイト経由です。消費者は不動産会社に興味は無く、物件の一覧表から条件に合った物件の詳細をクリックして詳細ページを見ます。もっと詳しい情報が欲しいと思えばコンタクトをする仕組みです。

物件は自分で検索できるので、物件選びを不動産会社の営業マンに頼る事はしません。営業マンによるセールスは好まないのです。求められる事はメールで「資料請求」のみです。あまり突っ込んだセールスができないのが現状です。

電話で話せるのであれば、いつもの通り質問攻撃して、「自己資金、勤務先、勤務年数・・」等必要な情報を得る事ができますが、一方的な資料請求では、従来の営業手法が通用しません。顧客からの一方的な要求が可能なのがインターネット広告です。

営業マンに勧められて買う時代が終わり、自分で選び、営業マンは不要・・の時代が来るのかも知れません。顧客が選んだ物件の重説や契約立会いが不動産仲介会社の主な仕事になるのなら、宅建主任者でない者は不要となりますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.