ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
キャンペーンの功罪
私も不動産屋の営業ですから、週末は他社の折込チラシをチェックします。以前から思っていた事ですが、大手系列各社の広告に記載されているプレゼント・キャンペーンて、いやらしいですよね。

仲介会社の場合は、不動産の売主様が専任媒介を締結したら2万円・一般媒介なら1万円・・というのが多いです。どこに任せても同じなら、商品券もらったほうが得という考えの人も多いです。

建売会社や新築マンションの売り出し現場に出向きアンケートを記入すれば3,000円・・なんてのも見ますね。行って書くだけで3,000円です。書けばセールスの対象者として扱われますけどね。

週末の度にいろいろなキャンペーンをチェックして賞金稼ぎをする人もいるのでは?アルバイトより効率的です。行ってアンケート書くだけで3,000円でしょ?3社まわれば9,000円です。

不動産売却の専任媒介で2万円なら可愛いもんです。一般媒介で1万円×5社に依頼=合計5万円・・なんてのもいます。媒介業者はキャンペーンを実施している大手系だけだったりします。

そういう物件て少し高い場合が多いのですよ。・・で、最終的には売れずに売りやめ・・そんなストーリーですね。売却意欲が少なく、遊び半分で売り出しているような印象です。

なんか嫌な感じしますよね。誠実さのない感じ・・好きになれません。仕事を任される側の心理として、一生懸命に努力しよう・・という気持ちになりません。淡々とやるだけです。ご用心。
焼け石に水
借金で苦しんでいる不動産会社に儲かる話を持っていったとしても儲けられません。それは何故か?・・・その利益は銀行等の債権者に持っていかれてしまうからです。

負債の多い会社は、利益がでても別件の返済にあててしまう・・その繰り返しで、最終的には倒産する事もあります。多少の利益を得ても焼け石に水で、倒産の時期が遅くなるだけの話なのです。

手遅れな会社は清算して一からやり直したほうが得ではないか?・・と思う事もありますが、経営者は会社に愛情があり、簡単に潰す事はできないようです。

しかし・・倒産後に、「もっと早く倒産すれば良かった・・」とか、「あの物件は別会社で買い取って転売すれば良かったな・・」と言う者もいます。倒産の前と後では考え方が違うようです。

経営者には借りた責任がありますが、貸した側も貸した責任があるのです。無理な返済をするくらいなら破産したほうが良いと思いますけどね。ご用心。
表の顔
日頃から友人のように接してくれる社長さんがいます。昔から知っているというだけの間柄なのですが、たまたま取引する事になり会社を訪ねた時の話です。

やはり冗談を交えた会話をしながら明るい雰囲気で打ち合わせをしました。・・その打ち合わせ中、社長さんが社員にアレコレ指示をしたのですが、社員が緊張しているのが分かりました。

明るくて冗談ばかり言っている社長さんですが、それは表の顔なのです。社員から見れば怖い怖い社長さんなのだな・・と確信しました。よくある話です。

この世界では社員の引き抜きも多く、知り会いの社長さんから「俺の会社に来ないか?」なんて言われて動く事もあります。しかし、今までの関係とは違ってくる事を覚悟しなければなりません。

人の良さそうな社長さんだな・・なんて甘い考えで動くと後悔する事になります。お人好しの経営者だったら潰れてますよ。非情な面もなければ生きてはいけない世界です。ご用心。
違法な条件
ずいぶん昔の話です。中古マンションの売却相談があり、話をしていた時の事です。所有者が不思議な事を言い出しました。

『購入した時は、価格2000万円から100万円を値引きして1900万円で買いました。その代わり契約書の売買金額欄は1600万円にして欲しいと言われたので承諾しました。』との事。

契約書にも重説にも仲介業者の署名はありませんでした。しかし、アットホーム図面のようなものがあり、帯(社名)を代えてコピーしてあり、仲介業者が存在した事はわかりました。

・・以上の事から推測すると、こんなストーリーです。最初から1600万円の物件だったのに、仲介会社から『価格2000万円』と書き換えたチラシを見せられて顧客は購入申し込みをした。

仲介会社と交渉中に、『2000万円から100万円を値引きします。その代わり迷惑はかけないので契約書の金額は1600万円にして欲しい』と頼まれた。(本当は最初から1600万円なのに・・)

そうする事により、売主に1600万円を支払い、1600万円の領収書も発行される。残りの300万円は領収書なしの裏金。売主は最初から1600万円で売り出しているので、満額で売れた事になります。

・・で、悪い仲介業者は300万円の裏金を得たのでは?当時の相場は1600万円位でした。顧客は100万円値引きさせたつもりで、相場より300万円も高く買わされたのです。・・うまい話にはご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.