ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
印刷機という名の殺し屋
昔の話です。ある地場業者の社長さんはケチで有名でした。ただのケチなら良いのですが、プラス短気で変わり者だったのです。営業マンを募集しても、社長を知っている者は応募しません。

そんな社長さんは印刷機のメンテナンス料を払うのはバカらしいと考え、メンテナンス契約はしませんでした。メンテナンス契約をすれば、故障時には無料修理してもらたのですが・・

社長は印刷機が故障するたびに社員を虐めました。「大事に使わないからだ!」とか、「無駄な経費ばかり使いやがって!」等と怒鳴り散らします。故障のたびに社員が一人は辞めました。

社員の間では、印刷機の事を「殺人マシーン」と呼んでいました。新聞折込チラシの印刷は営業マンが交代で作業してました。自分の番で故障したらアウトです。

ハズレの印刷機は何回修理しても、その場しのぎです。次から次へと社員は辞めていきました。・・・そして最後の営業マンは、交代要員もいないので印刷作業の全てを担当する事に・・。

すぐ故障しました。修理する業者を呼んで言いました。「この印刷機が故障する度に社員が責任を取って辞めている。私が最後の1人だけど、今回の故障で私も辞める事になる。」

修理業者は、「わかりました。とりあえず今回は無料で修理します。」と言い無料で修理しました。延命処置みたいなものです。・・最終的には最後の営業マンも辞めてしまいました。

私も20年以上に渡り、いろいろな印刷機を使ってきましたが、故障しない印刷機は年に1回も故障しません。故障する印刷機は毎回のように故障します。当たりハズレが明確です。ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.