ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
無理難題 2
不動産売買の仲介営業ならば、売り物件は逃せません。多少の相談にはのりますよ。でもね・・限度もありますよね。あまり酷いと売却依頼を断りたいな・・と思うケースもあります。たとえば・・

『絶対に買う!という人だけ案内して下さい。・・買わない人に興味本位でプライベート空間を見られても迷惑です。いいですね!買う人だけですよ!』・・脳を損傷している可能性がありますね。

『子供が勉強をしてますので、平日の夕方以降や、土日の案内はお断りします。』とか、『娘の部屋は見せないで下さい。間取り図を見て判断して下さい。』・・謎の部屋のままで買う人を探せってか?

『秘密厳守でお願いします。あらゆる広告活動をしないで下さい。希望条件に合った人に水面下で話をして下さい。家の中は見せられませんので、外から見て判断して下さい。』・・幸運に恵まれて、不動産売買は成立しましたけどね。

不動産業者にも責任があります。『この地を限定でお探しのお客様がいます!』なんてデタラメなチラシを大量に配布する事により、所有者は、『ここは人気エリアだから買う人は大勢いる!』と錯覚してしまいます。無理難題を言える立場だと勘違いしてしまうのです。現実を知れば改善されると思いますけどね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.