ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
買取り業者の新人は不動産仲介会社に飛び込み訪問をしますね。しかし、訪問される側に歓迎する雰囲気はありません。突然来て、「何か買い取れる物件はありませんか?」と言われても、そんなタイミング良く買取り案件などありませんし、あっても知り合いの業者に紹介する事が多いのでは?

知り合いの業者・・知り合いだって初めての出会いがあったはずですね。今日は、そんな出会いの話です。・・少し前の話ですが、以前に同じ会社で働いていた仲間から電話がありました。数年前に独立して、ここ2年くらいで数億円を稼ぎ、また普通の営業マンに戻ろうかと考えているようでした。理由は?・・

独立後、昔の仲間達とのネットワークで買取り物件を紹介してもらい、上手に転売していたのですが、自分のネットワークでは自分の目指す目標に届かないというのです。・・そもそも付き合っている同業者は、過去に同じ会社の同僚だったり、上司だったりと、同じ釜の飯を食った仲間だけで構成されていたのです。

よく知った仲間という事ですね。独立後、業者まわりなどしても、なかなか相手にはしてもらえません。やはり、この世界で一番の人脈は、昔の仲間なのです。転職の多い業種です。今日の同僚は明日の取引先というわけです。そこで、また営業に戻り、新たに出会った仲間を大切にして、未来の人脈を広げようというのです。

「若い頃は、感情的になって喧嘩したり、嫌いな者には冷たくしたりしたけど、今後は人脈作りが目的なので上手に付き合うつもりだ」と言ってました。・・同僚達も数年すれば、また何処かの不動産会社に流れていきます。そこで出世する者もいれば、自分で独立する者もいます。確かに良い人脈です。

苦楽を共にした仲間意識や友情は価値のある財産です。酒を一緒に飲んだり、食事を共にすれば良いという話ではありません。一緒に働けば性格も把握できます。急にキレたり、開き直ったり・・そんな事も把握できます。良いところも悪いところも理解したうえで付き合える仲間が、将来に「知り合いの業者」となるのです。

無駄に転職の多い業種と思われがちですが、転職する度に仲間を増やし、将来に役立てる人もいるのです。・・ 仲介営業マンが買取り業者に転職するケースは少なくありません。そんな時のために、今の同僚と円滑な関係を築いておくと良いですね。同僚と絆を築く時間は限られているのです。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.