ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
季節の罠
言うまでもなく、不動産仲介の営業は、春、夏、秋、冬と、いつでも仲介をするわけですが、その季節ごとにトラブルがあります。

梅雨の季節・・瑕疵担保責任の期間内に大雨が降り、雨漏りしたらクレームが来ます。スムーズにいけば淡々と処理するだけの話ですが、まぁ、なんだかんだと拗れます。

台風の季節・・こんな時期に・・既に修復義務について抵触する問題があり、見積りをとったり話し合いをしている最中に、台風が来て修復不可能な状態を超えてしまうと最悪です。

樹木の枝葉・・寒い季節に契約したので気がつかなかったのですが、暖かい季節に引渡しをしたら、隣地から樹木の枝葉が物件内に越境・・切れば良いという話ですが、いろいろあります。

白蟻・・冬に契約して春に引渡しをしたら、羽蟻が飛んでいた。きっと白蟻もいるに違いない!と大騒ぎ!・・調べてみたら・・床下にたくさんいたりします。説明してなければ・・ま、たいへんです。

排水路・・夏になると悪臭がしたりします。排水路に近い物件を、臭いがしない春に契約して、悪臭が漂う夏に引渡しなら、買主としては、「こんなに臭いとは思わなかった!」となりますね。

全てが、契約~引渡し~瑕疵担保責任の期間満了・・迄に状況が変化した事によるトラブルです。予測して動いていれば、なんて事ない問題なんですけどね。完璧って無いんですよね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.