ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
手付け預かり
ある日の事です。取引のある不動産会社を訪ねると、社長さんは地域の同業者と世間話をしている最中でした。私も加わって業界の話をしていた時に、「手付金預かり」の話題になりました。

「我々の社有物件に大手が客付けをすると、『契約の際は手付金を預からせて下さい!』と言われるが不愉快だ」という話で、同席した社長さん達も、「まったくだ!失礼な話だよ!」と同意見でした。

気持ちは分かります。手付金を預かる趣旨を、(決済時に抵当権等の抹消が困難になったり、決済までの間に売主が倒産した時の保全)・・と解釈するのなら、売主には不愉快な話です。

建売業者は建売をするために銀行から事業資金を借ります。その借りた金額と売買代金を比べ、借りた金額のほうが多い場合、売買代金だけでは銀行に返済できない事になりますね。

他にも、任意売却物件の取引や契約時点で所有権が売主の名義でない場合は、仲介会社から手付金の預かりを要望されると思います。いずれの場合も無事に決済となれば売主へ返金されます。

・・まぁ、社長さん達も理解はしているのです。ただね・・大手の若い営業マンに生意気な講釈を聞かされて、(当社と契約するのが不安だったら、無理して契約しなくてもいいんだよ!!)・・って言いたいんですよ。言ったら気持ちがスカッ!とするでしょうね。

取引はどうなるか分かりませんけど・・。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.