ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
査定価格と媒介価格
不動産の売却査定で適性な価格を算出しても、売主が査定価格で売り出すとは限りません。査定価格が安いと、依頼者は別の不動産会社に売却依頼をする可能性があるため、「売り出し価格は高めで頑張ります。」と言ってしまう仲介営業マンも多いのでは?

査定をしながら、心理的な駆け引きをするのは苦労します。高ければ売れない・・安ければ売らない・・という状況で、会社に手ぶらで帰るわけにもいかず、とりあえず媒介契約1件の結果欲しさに無理な価格で媒介を結んでも、長期的に苦しむ場合があります。

ある程度の期間は売主の希望を考慮した金額で販売活動をして、引き合いが無いようであれば値下げの説得をするというのが、よくあるパターンです。悪質な会社だと、高い金額の間は販売活動などせず放置状態で、値下げに応じてから広告活動をするのかな?

まぁ、売れない金額で広告しても結果は同じで経費だけ損する・・という理論も否定できませんが、売主に広告の部数を水増しで報告したり、宣伝活動もしていないのに両手狙いで物件は止めていたりと、不誠実な事をしていると、それが癖になり自分の営業手法となります。良い傾向ではありません。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.