ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
深みに嵌る者達
倒産を回避するために、より深みに嵌ってしまう不動産会社は多いですね。銀行に返済できないからノンバンクに借り換える・・ノンバンクに断られたら高利貸しから借りる・・返済できないから金利を上乗せで期日をジャンプする・・雪だるまのように債務が膨らむ・・いつのまにか数千万の債務が、十数億に・・

どんどん債務を膨らませて、最終的に倒産するのであれば被害者を増やしただけの結果です。債権者が銀行だけなら何も怖がらなくて良いのに、高利貸しや闇金にまで手を出して倒産する事態となれば、その後に破産したとしても安心はできません。法律を厳守する者ばかりではありませんので・・。

いつの段階で諦めるべきか・・の判断は難しいと思います。現在のように銀行が厳しい対応をする時期はノンバンクから借りるのが常套手段です。べつに珍しい事ではありません。ただ・・返済できるつもりで借りるのか?とりあえず借りないと大変な事になるという判断なのか?・・ここがポイントです。

銀行融資の返済を目的としてノンバンクから借りるのは危険です。銀行に返済しないと次回から事業資金が借りられなくなると考えがちですが、返済したとしても次回からは融資されない可能性が高いのですよ。銀行は時代の変化に敏感です。今後しばらくは融資より回収に力を入れるはずです。

『今後の融資』を餌に返済させるのは銀行がよく使う手口です。無理して返済しても、後になってから、『約束が違う!』と叫ぶ事になります。そんな時期に銀行担当者は転勤する事でしょう。・・私は銀行に返済する目的で借り換えをするべきでは無いと思います。

その結果、不動産が差押さえられ、担保物件が競売になっても、それ以外の選択(高利貸し・闇金からの融資)を選ぶよりマシです。代表者の債務保証により個人資産を失ったとしても、銀行は命まではとりません。生きていれば良い事もあります。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.