ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
42条2項道路
道路幅員が4m未満でも、『42条2項道路』であれば、道路中心線から2m後退すれば、その接道を根拠に建築可能となりますね。(道路以外の個別要件で再建築不可とされる事はあります。)

新人が陥りやすい罠があります。・・たとえば、物件の前面道路の現況幅員が3.8m・・42条2項道路だから、道路中心線から2m後退した位置(あと10cm)まで後退すれば良い・・とは限りません。

もともとが幅員3.6mの道路で、道路の向かい側の人が、先に20cm後退していたとしたら・・現況幅員で4mに足りない20cmは、全てこちら側(物件側)が後退する部分という事ですね。

このような勘違いをして重要事項説明・・契約・・引渡し・・まで完了してしまっている取引は無数にあると思います。後から発覚する事もありますよ。買った人が建築したり、いつか売却する時です。

その時に依頼を受けた不動産屋の営業マンが、購入時の重要事項説明を見て発覚するのです。『購入時の重要事項説明、間違ってますよ!』と騒ぐのです。おもしろ可笑しくね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.