ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
遺産の行方
ある資産家の話です。お金はたくさんありますが、ご夫婦に子供がいません。それぞれのご両親も亡くなっています。しかし・・ご主人にも奥様にも、それぞれ兄弟が一人います。それぞれの兄弟は、ご夫婦のどちらが先に亡くなるかで運命は激変します。そのご夫婦には10億円以上の資産があるからです。

その資産家のご夫婦は高齢です。そう遠くない時期にどちらかが亡くなるでしょう。もし、ご主人が先に亡くなれば、奥様が4分の3で、ご主人の兄弟が残りの4分の1です。奥様の兄弟は0ですが、その後、奥様が亡くなった時には、奥様が相続で得た財産をすべて相続できます。・・この場合、奥様の兄弟が得をします。

奥様が先に亡くなった場合は、奥様名義の財産は少ししか無いので奥様の兄弟はあまり得をしません。その後にご主人が亡くなった時には、ご主人の兄弟が相続します。ご主人の親族は1人しかいませんので全て自分のものです。この場合、ご主人の兄弟は資産家の仲間入りです。・・遺言がなければね。

そういえば、ずいぶん昔の話ですが、ある資産家の男性がお亡くなりになりました。奥様は先に亡くなっていた経緯があります。・・お通夜の時に、ある男女が訪れました。どちら様かと聞くと、その女性は、故人の妻だと言ったのです。「えっ!先に亡くなったって書いてあったのに!」って思いましたか?確かに書きましたよ。

故人は自分が亡くなる数日前に、その女性との婚姻届と遺言書に署名をしていたのです。その女性はすぐに婚姻届を役所に届出しました。お通夜に訪れた男性のほうは弁護士です。まさにサスペンス劇場。身内からの相続を期待している方・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.