ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
リアル
ここ数日はブログの更新も後回しで、昔のテレビドラマを見ていました。pandora.tvで『彼女たちの時代』を検索して全12話の1~10話までは見ました。1999年に放映されたドラマです。

主役は、深津絵里、水野美紀、中山忍ですが、椎名桔平が不動産営業マンを熱演しています。大手建設会社からリストラで関連会社に出向を命じられる・・それが新築マンションの販売会社・・

テレアポが下手なので椅子に座ることを禁じられ、立ちながらテレアポをするシーンもあります。本屋で宅建の本を買うシーンもあります。マンションの集合ポストにチラシを投函するシーンも・・

平泉成が演じる営業部長から徹底的に虐められます。1週間で結果を出せなければクビにすると言われて、会社に1人残り電話セールスを続けるシーンや、モデルルームを案内するシーン・・

忘れられないシーンは、部長(平泉成)が営業マン(椎名桔平)に、『おまえだけに教えといてやる・・この会社・・つぶれるぞ・・』と言うシーンかな。今の時期に見ると、かなりリアルに感じました。
狡猾に生きる者達
たとえば不良少年達の中で、一番ケンカの強い者がリーダーになるとは限りません。先輩達と仲が良い者や、先輩達の中に兄がいる者、ヤクザの親兄弟がいる者・・それもリーダーの資格です。

たとえば不動産営業の中で、一番に業績を上げた者が出世するとは限りません。上司に好かれた者が出世します。上司から業績が確実に上がる仕事を与えられて、全自動でトップになる者も・・

なんでもアリの世界だな・・と思うことがあります。せいぜい民法と刑法を守る程度で、後は何でもアリというのが現実かな。そんな現実を20代で気がつくのか・・30代か、40代かは人それぞれ・・

どんな世界でも弱い者は潰されますが、強い者が勝ち残るわけではないのです。弱く装ったり、強く見せたり、逃げたり、隠れたり、媚びたり・・と巧みに、狡猾に生きる者が勝ち残るのです。

見習うべき見本は近くにいるはずです。どこの会社にも、上の者には媚びて下の者には狂犬のように吠え、影では、『クソ野郎・・』と罵られている者がいるはずです。狡猾に生きる者が勝者です。
判断ミス
この仕事は、『書いとけばよかったのに・・』と後悔することがあります。・・昔、建売業者が物件を見たいというので私が現地で立会いました。その物件には多少の問題点がありました。そして・・

○案内の時、建売業者の社長さんに問題点を伝えました。
○後日、建売業者の担当社員にも電話で問題点を伝えました。
○上司は、契約書類に書く程の問題ではないとの指示でした。
○売買契約は無事に終了
○契約後・・担当社員は問題点を、『聞いてない!』とのこと・・
○社長も、『聞いてないし契約後に言われても困る』とのこと・・

・・最終的には解決しましたが、反省点は契約書類に書かなかった事ですね。重説の末尾にでも書いとけば良かったのです。業者が買主で、問題点を何度も説明したとしても証拠がありません。

デリケートな問題だったため、売主の手前、書くことに遠慮があったのです。相手もプロだし、この程度なら口で説明をすれば書かなくても良いかな・・と判断したのが大間違いでした。・・ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.