ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
35
売れない営業マンが退職するのは珍しくもありませんが、売れる営業マンが、ある日突然に退職することがあります。・・年齢が34歳~35歳ならラストチャンスに賭けたということです。

大手系列の不動産仲介会社は中途採用の募集条件を35歳以下としているケースが多いのです。34歳~35歳の不動産営業マンにとっては、大きい会社に転職する最後のチャンスです。

まぁ、採用側も、36歳の誕生日前ならセーフ・・とか、36歳は不採用・・なんて厳格に判断するわけでは無いと思います。だいたい35歳位まで・・という幅があるとは思いますけどね。

そんなわけで、不動産営業マンは34歳になると、『自分の市場価値が下がってしまう前に動くべきだな・・』と考えるのです。・・この場合、退職された会社側は見捨てられたといえます。

有能な営業マンがドンドン辞めてしまう会社もあります。会社側は、『何故だ?君は業績も上がっているし何も問題がないのだから辞める必要が無いじゃないか?』と説得するケースもあります。

しかし、会社側が問題なし・・と考えていても、それは会社側の立場では問題がないだけです。社員側から見ると問題が山積みだったります。雇用条件・・福利厚生・・その他いろいろ・・。

泥船から逃げる者を責めることはできません。しかし、年齢的に市場価値が下がってしまった者達は泥船と分かっていても逃げられない現実があります。35歳前に動く者を羨ましく思いますね。

まぁ、今は業界全体が泥船みたいな雰囲気ですが・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.