ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不満分子
不動産屋の場合、営業マンが退職届けを提出すると退職手続きは敏速に行われます。手続きを急ぐ理由は、退職する営業マンが会社に不利益や悪影響を及ぼす事があるからです。たとえば・・

顧客情報・・営業マンは退職しても同業他社に再就職します。今まで担当していた顧客リストや、他の営業マンの顧客リストをコピーして持ち帰り、再就職先で再利用する可能性もあります。

上司との上下関係・・今までは上司の指示に従うことがルールであり、メリットもあったのです。もう会社を辞めるので関係ない・・という考えの者が社内をウロウロしていると上司が迷惑します。

他の社員への影響・・会社に不満があり退職する者は周囲に悪影響を及ぼします。『こんな最低な会社は辞めるよ。君も考えたほうがいいよ。長くいても使い捨てされるだけだよ。』・・なんてね。

そもそも退職すると決まった営業マンが翌日も会社に出勤することのほうが不自然です。業務の引継ぎさえ無ければ、退職願いを出した瞬間に辞めてもらいたいのが会社側の本音です。

アメリカ映画を見ていると、よく見かけるシーンがあります。『君はクビだ!』と宣告されると、その場でダンボール箱に私物を入れて両手でかかえて職場を去る場面です。あれが理想的ですね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.