ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
下級管理職対策
営業職は社外で営業することが仕事ですが・・まぁ、現実的にはそれほど単純ではありません。社内で仕事の邪魔されないことや、上司から営業活動を制限されないことなども重要です。

新築マンションの分譲・販売はチームプレーなので、リーダーである上司の指示どおりに営業マンは動きます。営業マンの自由な営業活動などありませんので上司も部下の動きが見えますが・・

不動産売買の仲介営業職は完全な個人プレーのため、「いってきま~す!」と出ていったら、何してるか見えないという違いがあり、上司は部下の行動に対して信用できない面もあるのでしょう。

それゆえに社内的な気配りや上司に対する報告に関しては完璧でないと信頼されません。一度でも上司から不信感を持たれるとアレコレと難癖をつけられて営業の仕事はやりにくくなります。

数字さえ上げていれば・・と主張する営業もいますが、チラシ広告の予算配分も、担当エリアの決定権も上司の権限です。社内対策を怠ると業績が悪くなるように導かれて退職する末路です。

そのような環境で仕事をしているのですから、潰されない営業マンを心がけましょう。攻撃を避けるより攻撃されない事です。現在の地位を守ることが最重要と考える上司を刺激しないことです。

能力のない者は能力のある者を警戒します。それは自分の地位を脅かすからです。だから・・上司は素晴らしく有能で、自分はいつも尊敬しています!・・という名演技で安心させることです。

愚か者は自分が賢者だと信じています。上司が有能であれば、部下は社内対策などに神経を消耗する必要もないのですが、この不動産世界では、そうではない者のほうが多いと私は思います。

素朴なボクサーもチャンピオンになれば芸能人きどりになり、誠実な青年も議員になれば誠実さを失います。・・不動産の営業マンがボンクラ上司になるのも不思議なことではありません。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.