ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
逃亡者 5
銀行から借りた金など恐れる必要もありませんが、借入先を間違うと破滅です。非合法組織から金を借りて逃げている社長さんもいるようです。まぁ、そのようなところから平気で借りる神経の人は・・

・・逃げますね。逃げるつもりで借りているのかも。よほど見つからない自信があるのかな。命がけの鬼ごっこですね。今後は住民票も移さずに生きていくのですから仕事探しにも苦労するはずです。

今は人探しのネット掲示板がありますので何処に逃げても安心できません。借金で逃げ回るのに疲れ果て、ヤクザになる人もいますが、40歳過ぎて19歳の『兄貴分』に仕えるのも辛いと思います。

私の知るかぎり、真面目に不動産屋をやっていた社長さんは、そんな事にはなりません。パターンがあるのです。転売とかで楽に儲けて豪遊していたタイプが落ちるところまで落ちるタイプです。

博打も好きで金に汚いタイプです。借りるのも騙すのも平気で、商売で揉めると開き直ったり、バックにやくざがいると自慢するタイプが最終的に逃亡者となります。そんな人たくさん見てきました。

逃げた後は同業者の間で噂になりますが、誰も同情しませんね。たぶん死んでも同情されないでしょう。迷惑な存在が消えたというだけの話です。皆様の未来が、そうでない事を祈ります。ご用心。
タダメシ
不動産業界で生きてきて辛かった話は数多く書きましたが、楽しかった事や嬉しかった事などは書いた記憶がありませんね。嬉しかったことか・・。お客様の笑顔?なんて書くブログでもないし・・

若い頃にバブル時代を経験しているので、まぁ、贅沢というか、美味しい食事やお酒を楽しめましたね。高い食事、高いお酒と言ったほうが適切かな。パーティとか多かったし、よく無料で食べました。

会社経費とか接待とか、とにかく無料で食べた回数は少なくとも500回くらいあるかな。若い時に、社長と毎晩のように一緒に食事をしていた時期があり、数え切れないくらいご馳走になりました。

まぁ、私の場合は派手な遊びを好まないので、華やかな話などありません。その代わり借金もしませんでした。博打みたいな仕事なので、お金の使い方は堅実でないと身の破滅ですよ。ご用心。
厳しい現実
不動産業界に入る前は、不動産営業を華やかな仕事だと思っていました。・・まさか他人(客)の家の下水管がどうなっているか?を、夜中に布団の中で考えたりするなんて思ってもいませんでした。

土地の境界石を発見できるまでシャベルで穴を掘ったり、物件敷地内にある木の枝が隣地に越境していたら、その木の枝を鋸で切ったりね・・切らなければ重要事項説明書に書くしかありません。

『特約・・本物件敷地内の樹木の枝葉の一部が南西側の隣地に越境しています。売主はそのままの状態で引き渡します。』なんて重説の特約を説明する時は、場が重苦しい雰囲気になります。

不動産の契約は隙があってはいけません。怪談『耳無し芳一』の芳一は、身体に般若心経を写経した際、耳だけ書き忘れて怨霊に耳をもぎ取られましたが、不動産屋には身につまされる話です。

仲介は利害関係の調整役みたいな仕事です。安く買えて良かった!と買主から感謝されるなら売主からは恨まれ、高く売れた!と売主から感謝されるなら買主から恨まれ・・そんな時もあります。

楽して金が稼ぎたいのなら、この仕事をお勧めします。希望は叶いませんが、甘い考えを改める事ができます。親も学校の先生も教えてはくれなかった厳しい現実を教えてくれます。・・ご用心。
受験破産
数年前の話です。ある日、不動産売却の依頼があり、依頼者に売却理由を聞いたところ、資格受験が原因とのこと。・・ある一流会社に勤務する方でした。会社から資格取得を命じられたのです。

かなり難易度の高い国家資格です。仕事をしながら資格の専門校に通い、時間があれば勉強する日々・・しかし、不合格・・資格の専門校は無料ではありません。全額ローンを利用していました。

翌年も受験しました。もちろん資格講座は受講しました。またローンです・・これがエンドレスで続き、私と出会った段階では、まだ合格はしていませんでした。数年前から夜も休日も勉強の日々・・

家を売却して、住宅ローンを返済し、残ったお金で資格試験の学費を調達したいとのことでしたが・・近隣の相場から算出した査定額から、住宅ローンの残債を差し引いて計算してみると・・アウト。

マイナス数百万・・。最終的には、売却を断念するという結末でした。難易度の高い資格試験を合格するまで受け続ける・・それに合格しなければ出世はできない・・そんな厳しい世界もあるようです。

・・あれからずいぶん経ちます。もしも、まだ合格していないなら破産してるかも。合格していれば給料も上がり、経済的にも復活したかな。・・しかし不況です。合格したけどリストラ・・もありえますね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.