ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
損して得とれ 4
商売をするうえで、『損得のバランス』は重要です。商売人が得を求めるのは当然ですが、客も得を求めます。・・言うまでもありませんが、売る側は高く売りたいし、買う側は安く買いたいのです。

そこで多少の損を受け入れるのは商売人の役目です。絶対に損はしたくないという商売人は、多少の損を受け入れるライバルに負けてしまうので、結果的に損したくないのに損するわけです。

欲張り過ぎないことですね。これは経営者と社員の関係でも言えることです。経営者の理想としては、死ぬほど働いて欲しい・・手を抜かず仕事をして欲しい・・1円でも多くの利益を上げて欲しい・・

厳しすぎる労働環境は人を遠ざけます。社員も得をしたいので楽に稼げる会社に転職します。結果的に、死ぬほど働いて欲しいのに、働く者は去ります。社員に楽をさせることも時には必要です。

営業職を使い捨てるサイクルが短い不動産屋は噂になります。悪い噂は速く広範囲に広がります。今の時代だとネットの掲示板で晒されます。自分だけが得をしたいという経営者の末路です。

高い給料を希望する中高年の人も同じです。若者のほうが安く雇えるので、中高年の仕事探しは厳しいのです。中高年の人が転職をする場合、損な雇用条件を受け入れる覚悟が必要です。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.