ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
1年待った話
昔の話ですが、地場で支店長をしていた時に、私のデスクには2台の電話がありました。1台は普通のビジネス回線で、もう一つはリフォーム反響用の電話でした。リフォームの電話しか着ません。

理由は・・ある日、車で走行中にリフォーム屋さんの看板が目に入りました。有名人をキャラクターにして広い地域で宣伝していたリフォーム会社の看板です。・・その会社は倒産したばかりでした。

町のアチコチに看板を設置したまま倒産したのです。おそらくは、見通しの良い大きな通りの家を訪問して、いくらか払って看板を設置させてもらったのでしょう。(もったいないな・・)と思いました。

その看板にはフリーダイヤルが記載されてました。(あの電話番号・・欲しいな・・)と思い、NTTに問い合わせをすると、『1年間は申込できません。』と言われました。私は1年間待つことにしました。

予約もできないとの事でしたので、その電話番号に申し込める期日を聞き、その日が来たら朝一番で電話するしか方法はありません。私はその日を忘れないように予定表に記入しました。

1年後・・朝一番に電話して、その電話番号を入手しました。単独の電話機も用意しました。・・狙いどおり、看板を見た人から電話が着ました。リフォームの見積もり依頼が目的でした。

騙すつもりは無いので、電話では正しい社名を名乗り用件を聞き対応しました。・・(当社でもリフォームをやっていますよ!)とセールスはしましたけどね。そのために1年も待ったのです。

広告費と比べたら安いものです。たかが電話1本の経費です。月に数件のリフォームは受注できました。まぁ、成功したといえますが・・その後、私の勤務先も倒産しました。因果応報かな?(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.