ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
厳しい現実
不動産業界に入る前は、不動産営業を華やかな仕事だと思っていました。・・まさか他人(客)の家の下水管がどうなっているか?を、夜中に布団の中で考えたりするなんて思ってもいませんでした。

土地の境界石を発見できるまでシャベルで穴を掘ったり、物件敷地内にある木の枝が隣地に越境していたら、その木の枝を鋸で切ったりね・・切らなければ重要事項説明書に書くしかありません。

『特約・・本物件敷地内の樹木の枝葉の一部が南西側の隣地に越境しています。売主はそのままの状態で引き渡します。』なんて重説の特約を説明する時は、場が重苦しい雰囲気になります。

不動産の契約は隙があってはいけません。怪談『耳無し芳一』の芳一は、身体に般若心経を写経した際、耳だけ書き忘れて怨霊に耳をもぎ取られましたが、不動産屋には身につまされる話です。

仲介は利害関係の調整役みたいな仕事です。安く買えて良かった!と買主から感謝されるなら売主からは恨まれ、高く売れた!と売主から感謝されるなら買主から恨まれ・・そんな時もあります。

楽して金が稼ぎたいのなら、この仕事をお勧めします。希望は叶いませんが、甘い考えを改める事ができます。親も学校の先生も教えてはくれなかった厳しい現実を教えてくれます。・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.