ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
悲観
不景気になれば買い控える人が多いですね。とくに高額商品に関しては買い替えのサイクルが長くなります。・・たとえば、車を買い換えようと考えていた人も、もう1回だけ車検を受けて乗るとか・・

家電製品も、もう少し待ってみるとか・・今ある物を使い続ければ、とりあえず問題ありません。不動産も同じです。『住む場所に困っている』という人は少ないのです。みんな何処かに住んでいます。

しかし、車や家電製品と不動産では決定的に違うことがあります。車や家電製品は古くなったら捨ててしまうので、どんどん作っても数が増えませんが、マンションは建てると、なかなか壊せません。

だから建てれば建てるほどに数が増えてしまうのです。建売も建てれば20年~30年は壊しませんので家が増えます。当然ながら供給過剰な状態となります。しかも今後は不況プラス少子化・・

不動産会社にとっては辛いことですね。不動産屋は人間がアチコチに引っ越しを繰り返すことで商売が成り立っています。その動きに合わせて不動産屋の数や不動産営業マンの数が増減します。

いくら宣伝広告をしても反響がない・・物件に案内する客がいない・・となれば不動産業者が減ります。世の中に必要なだけの数があれば良いわけで、多すぎれば淘汰されるのは当然ですね。

以前、『80年も生きることができる人間が、5分間呼吸できないだけで死亡します。会社も同じです。・・』と書きましたが、マンション販売会社の皆さんは、今がその『5分』の時です。・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.