ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
告白の意味
自分から自発的に『業者からリベートを受け取った』という話をする者が少なからずいます。話す相手は同僚です。このような告白の意味と効果について心理分析をします。私の個人的な見解です。

もしも、同僚がその話を上司に報告すれば、本人は解雇される可能性が高いですね。だから、そんな話をしても大丈夫だと思える相手か、または、自分が弱みを握っている相手にしか話せません。

弱みを握っている・・とは、『もしも密告したら、俺もお前の秘密を暴露するよ!』ということです。・・しかし多少のリスクは残りますね。それなのに何故?同僚にリスクのある話をするでしょうか?・・

同僚に、『俺にもその業者を紹介してよ!』と言って欲しいのです。そして仲間に引き込むのが目的です。同僚もその業者の物件を優先して売るようになればリベートを支払った業者に得があります。

同僚と取引業者に貸しをつくり、自分が優位な立場になることができると考えたのでしょう。本人は自分を有能と思っていますが、他の追随を許さないほどのバカであることは言うまでもありません。

私も数人の営業から聞かされましたが、『良かったね。』と言って終わりです。密告もしないし、仲間にもなりません。バカと共犯になるほど愚かな事はありません。関わらないのが堅い判断です。

それに・・バカな営業に教わらなくても、業界の最下層ともいえるヤバイ会社から社内監査の厳しい会社まで一通り経験してきましたので、善悪を問わず多種多様の稼ぐ方法は知ってるつもりです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.