ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
よくいるタイプ
私は『ゴッドファーザー』 という映画を何回も見ています。ストーリーは1回見れば覚えますが、同じ映画でも10代の時に見た感想と、40代になって見た感想では違いがあります。飽きません。

あまりにも有名な映画なので物語のあらすじは省略しますが、主役のヴィトー・コルレオーネは、ニューヨークのシチリア・マフィア『コルレオーネ・ファミリー』のドンで、3人の息子がいる設定です。

①ソニー・・・・長男。 武闘派で短気。
②フレド ・・・・次男。 優しいが気が弱い。
③マイケル・・三男。 冷静で行動力もある。

・・言葉が足りませんが、簡単に言うと上記のようなタイプです。この3つの分類に当てはまる人は多いと思います。たとえば、不動産会社の社長でも、その息子でも、営業マンでもね。

不動産業界は自意識過剰で自惚れが強い者が多いので、自分で自己評価をさせれば③のタイプと答える者が大半だと思いますが、他人から見た自分の印象は①か②だと思いますよ。

ちなみに社長さんの場合、①のタイプは景気が良い時期なら会社を大きく成長させますが、不況になると確実に倒産するタイプだと思います。人間的な魅力溢れるタイプです。私は好きですね。

②のタイプの社長さんは細々と個人商店を営むイメージですね。会社は大きくなりませんが、倒産する程の無理もしないと思います。不動産屋の二代目に多いタイプです。いわゆる・・息子。

③のタイプはビジネスで成功したとしても薄情なので人からは好かれません。人を信用しないので自分も信用されません。財産は残しますが一人寂しく死ぬのでは?好きになれないタイプです。

不動産仲介営業マンの場合ですが・・そもそも②のタイプは不動産営業なんかなりませんね。③のタイプが転職を繰り返す仕事を選ぶのも変かな。①のタイプはよくいますね。私も①かな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.