ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
現実
大型倒産が続いてますね。まだまだ続くのかな。皆様からいただくメールも、リストラや、解雇、転職の内容が増えました。業界を去る人も多いようです。まぁ、これだけ厳しければ当然の流れです。

不動産営業職の中でも楽観的な考えの人がいますが、よく考えれば現実が見えてきますよ。今は地場業者が求人募集しても、採用予定人数の10倍は応募がありますよ。大手ならもっと多いです。

50倍、100倍の話も聞こえてきます。そんな状況で35歳以上の者が採用を勝ち取るのは至難の業です。今の状況で最も価値のある人材は、『若さ、能力、行動力』を兼ね備えた者だと思います。

若さ=35歳未満で、能力=知識、資格で、行動力=性格ですね。おっとり、ノンビリした者はアウトです。そんな選考基準で自分が勝ち残れるか?冷静に考えてみれば現実が見えてくると思います。

現在、大手系列の不動産会社で営業として勤務していたとしても、35歳以上なら次はアウト・・次は地場業者に応募しても書類選考落ちです。地場業者は兵隊が欲しいのです。評論家は不要です。

コンプライアンスのリミッターを外し、飛び込み、テレアポ、深夜のチラシ巻きを当然のごとくやり、不平不満を言わず、休日返上で倒れるまで働く『理想の不動産営業マン』を安く雇用したいのです。

だったら、コンビニのバイトでもやるって?・・高校生や若者がいくらでもいます。・・タクシーの運転手?・・もっと厳しいし安いですよ。・・皿洗いでもやる?出稼ぎ外国人が低賃金で働いてます。

厳しいことばかり書きましたが、現実に直面する前に認識していたほうが心の準備ができるのでは?ボンクラ上司に的外れな指示をされる毎日でも、今は我慢したほうが良いと思いますよ。ご用心。
販売と仲介
不動産仲介の営業なら一度や二度は、新築マンションや建売の営業職を羨ましく思うことがありますよね。新築は売主である自社や親会社が責任を負います。だから安心して売る事ができます。

たとえば新築マンションの営業なら、引渡し後のクレームは契約係やアフターサービスの担当者が対応しますよね。売った営業担当者に連絡が来ても、まぁ、社内的な『手配』をすれば終了では?

『次回、また何かあれば、直接、アフターサービスの担当者に連絡して下さい。』なんて言ってサヨナラできるわけです。・・だから営業職は安心して、あらゆるタイプのお客様に売ることができます。

物件案内中に説明をする時も自信をもってお勧めできます。『当社が責任を持ってお勧めできます!』なんて台詞も胸を張って言えます。もし欠陥や不具合があっても売主が全責任を持ちます。

・・これが不動産仲介となると別世界です。個人対個人の取引でトラブルやクレームがあれば、解決する日までエンドレスで営業職が担当します。説明責任に関しては自らが当事者となります。

それに、取り扱う商品は他人様所有の中古物件です。『責任を持ってお勧めできます!』なんて言ったら事件です。『アナタ、責任持つって言っただろ!』・・と死ぬまで言われるような気がします。

現況渡しの物件なら、給湯器が壊れていても、床が腐っていても現況渡しです。それを説明したかどうかは後日の争点になりますけどね。そのような物件を責任もってお勧めなんかできません。

そういう意味で不動産仲介営業はたいへん緊張感のある仕事です。たった一言、顧客に『大丈夫です。』とか、『大丈夫だと思います。』と言ったことが原因でトラブルになり退職する者もいます。

新築の営業から不動産仲介営業に転職するのなら、不動産に関する幅広い知識を得る努力も必要ですが、商品に関して会社が責任を負うような営業トークから改めないと、また転職です。ご用心。
当ブログが紹介されました
Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長 不動産ブログ日記に当ブログが紹介されましたので覗いて見て下さい。たぶん、このブログと道具箱、HP版を合わせて10回は載せていただいてます。


『不動産業戦略e-REVIEW』編集長 不動産ブログ日記
■不動産営業もやがて/新聞・テレアポが壊滅!その時期は?
http://fudou3.jugem.cc/?eid=5803
http://fudou3.jugem.cc/

完済と団信と競売の三択
昔、一緒に働いていた知人が60歳で定年退職したのですが、その後、不動産会社(フランチャイズ加盟店)に応募したと聞き、ビックリしました。結果はダメでしたが、チャレンジ精神は評価します。

1名の求人に30人が応募したようです。・・そんな話を聞くと、超人気の業種みたいな錯覚をしますね。バブル崩壊の頃、職安は失業者で溢れていたにもかかわらず、不動産営業は不人気でしたが・・

今回の不況は違うようですね。その知人は高額の住宅ローンが20年も残っているとのこと。80歳完済コースです。もともと不動産会社に勤めていたのに、よくそんな無理をしたものだと感心します。

80歳まで払えるのか?聞くと・・『そのうち団信で払うよ』とのことでした。無理して新築マンションなんて買うと苦労しますね。2000万以下の中古マンションにしとけば良かったと後悔してるのかな。

不動産営業マンでも、景気の良い時期に高い物件を買っている者はいます。たくさん歩合を稼いで払うつもりが・・失業・・滞納・・競売・・離婚・・なんてことにならないように頑張りましょう。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.