ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
販売と仲介
不動産仲介の営業なら一度や二度は、新築マンションや建売の営業職を羨ましく思うことがありますよね。新築は売主である自社や親会社が責任を負います。だから安心して売る事ができます。

たとえば新築マンションの営業なら、引渡し後のクレームは契約係やアフターサービスの担当者が対応しますよね。売った営業担当者に連絡が来ても、まぁ、社内的な『手配』をすれば終了では?

『次回、また何かあれば、直接、アフターサービスの担当者に連絡して下さい。』なんて言ってサヨナラできるわけです。・・だから営業職は安心して、あらゆるタイプのお客様に売ることができます。

物件案内中に説明をする時も自信をもってお勧めできます。『当社が責任を持ってお勧めできます!』なんて台詞も胸を張って言えます。もし欠陥や不具合があっても売主が全責任を持ちます。

・・これが不動産仲介となると別世界です。個人対個人の取引でトラブルやクレームがあれば、解決する日までエンドレスで営業職が担当します。説明責任に関しては自らが当事者となります。

それに、取り扱う商品は他人様所有の中古物件です。『責任を持ってお勧めできます!』なんて言ったら事件です。『アナタ、責任持つって言っただろ!』・・と死ぬまで言われるような気がします。

現況渡しの物件なら、給湯器が壊れていても、床が腐っていても現況渡しです。それを説明したかどうかは後日の争点になりますけどね。そのような物件を責任もってお勧めなんかできません。

そういう意味で不動産仲介営業はたいへん緊張感のある仕事です。たった一言、顧客に『大丈夫です。』とか、『大丈夫だと思います。』と言ったことが原因でトラブルになり退職する者もいます。

新築の営業から不動産仲介営業に転職するのなら、不動産に関する幅広い知識を得る努力も必要ですが、商品に関して会社が責任を負うような営業トークから改めないと、また転職です。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.