ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
月末の話
不動産が売れないのは当然です。雇用不安を感じている人は高額の長期ローンなんて怖いですよね。また、そんなの怖くない人でも、不安定業種の人や派遣社員の人は銀行融資が難しいです。

それに現在の不動産会社は倒産の危機に直面していますので怖いですよ。景気の良い時ならコンプライアンス、法令順守、お客様主義・・なんて言ってた会社も、今ではそんな余裕ないのでは?

今月の業績次第では解雇、解散、倒産・・なんて状況では無理もしますよね。もう自分が生き残ることで必死な者ばかりなんですから。不用意に来店すれば、ピラニアの池に落ちたのと同じです。

大きい会社なら安心と思っている人もいますが、それは会社側の話です。何が起きても怖くない完璧な契約書と完璧な特約マニュアル、不動産トラブルに慣れた顧問弁護士が揃ってますからね。

まぁ、確率でいえば大きい会社のほうが安全ですが、月末は地場より怖いですよ。月末近くなると無理します。顧客に『月内に契約しなければ他の人に売りますよ!』と、ハッタリで勝負する者も・・

もちろん、そんなの嘘・・月が明けたら、『まだありますよ!どうしますか?』と電話するパターンです。大きい不動産会社が月末に無理をする理由は、上司が本社に良い報告をするためだけです。

社長が部長に、『今月は目標達成できるのか?』といい・・部長が店長に、『月末までにやり遂げろよ!わかったな!』と恫喝し・・店長が営業マンに、『絶対に月末までに契約入れろ!』と叫ぶ・・

『まだ銀行の打診が・・』とか、『中古マンションの重要事項調査依頼がまだ・・』なんて状態でも月末は時間がないから契約を先行するわけです。月末にこだわらなければ安全に契約できるのにね。

それを断わる事ができる営業マンは少ないし、断れば災難が訪れます。・・以上の月末の話は、景気が悪くなかった頃の話です。今の状況であれば、さらなるパワーアップが予想されます。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.