ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
背徳の報酬・着物
19××年・・その男は解体予定の中古住宅で煙草を吸っていました。自分が売買仲介をした物件で、明日から解体工事に入る予定でした。親が亡くなり相続人が相続物件を売却処分したのです。

貴重品は何もなく、残存物の処分から解体工事まで全てをその男は任されていました。タンスには着物がありましたが、売主は『気持ち悪いので不要です。欲しければ差し上げます』との話でした。

(そういえば、以前勤めていた会社のパートさんが、古着を集めるのが趣味と言ってたな・・)と思い出し、捨てるのはもったいないので、あげようと思い、タンスの中の着物(和服)を車に積みました。

後日、そのパートのおばちゃんに着物を渡すと、『欲しい着物だけ選別して残りは処分するわね。』と言うので、男は、『ゴミ処理で焼却処分する予定だった物だし、好きにしてよ。』と答えました。

それから一週間後・・そのパートのおばちゃんから連絡があり、会うことになりました。『はい、どうぞ』と渡された封筒の中身を見ると・・30万円!!男は、『えっ!30万入っているよ!』と言うと・・

渡した着物の中から自分の好きなものだけ除き、残った着物も捨てると悪いので、和服の古着買取り専門店で売却したとのこと。・・その男は封筒を握り締め、喜びよりも、ショックで落ち込みました。

(今まで数多くの解体現場で、いったいどれだけの着物(和服)を焼却処分して来ただろうか・・もっと早く知っていれば、数百万にはなっていたのでは?・・悔しい・・悔しすぎる・・)と後悔したのです。

和服・着物の古着は町のリサイクル屋の買取り価格が1着数百円でも、和服買取り専門店なら高額で買取るのです。見た目は地味でも、大島紬など素材の良いものは、予想外の値段がつきます。

男は、(焼却処分される運命だった着物だし、まぁいいか)と思い、ありがたく頂戴しました。(着物にも命がある・・日本の伝統美を救ったのだ)なんてね。自分を正当化する都合の良い詭弁かな(笑)
全ては報告のために
厚生年金の給付水準が、2038年度でも50.1%で下げ止まると試算したらしいです。50%を死守できるという主張です。・・発表されるデータの数値って面白いですね。とくに役人が作ったデータはね。

不動産会社でも契約予定や収入予定を本社に報告するものですが、まぁ、希望的観測というか・・デタラメというか・・苦しい立場に追い込まれる事を避けるために、みんな必死で嘘つき大会では?

『ダメでした。』と言えない時もあります。顧客を案内した後、会社に帰れば、『どうだった?』と聞かれます。聞かれなくても報告しなければなりません。『少し考えたいとのことです。』と報告しても・・

実際は、『また良い物件がでたら連絡ください。』なんて口癖の宝探ししてる客だったらアウトです。まぁ、占い客の家探しよりはマシですけどね。アレに関わったらノルマ未達で辞める事になります。

いい女といい物件は人により見解の相違があります。(いい男もね。)・・さて、2月も終わりです。3月は無理する会社も多いのでは?絶対に住宅ローン無理な顧客と分かっていて契約したりね。

契約して数字を上げて、4月以降にローン解約でマイナスする・・こんなことやってる会社って、まだあるのかな。私は一度もありませんけど、やっている人は数多く見てきましたよ。愚かな人達です。
売主の余命
今、旬な話題といえば『おくりびと』ですが、不動産業者は人が亡くなったと聞くと、遺言・・死亡・・遺産分割協議・・相続登記手続き・・相続税・・売却・・という類のキーワードが思い浮かびますね。

余命が残り少ない人から不動産売却の依頼を受けた事も何回かあります。。しかし、仲介する側としてはスリリングです。病気で亡くなりそうな売主の物件を売り出して、運良く契約できたとしても・・

引渡し、決済まで生きているかが不安です。途中で亡くなると面倒なことになります。違約金の発生・・当事者死亡・・相続・・なんて考えただけで疲れます。だから、不動産売買契約書の特約欄には・・

売主側が白紙解約できる期間を定めて、その期間内に決済する方法となります。実際にそのような取引を何回かしました。契約~決済までの期間をなるべく短くして緊張した日々を過ごしました。

契約前に担当医師に聞くと、『3ヶ月位は大丈夫です。』と言っていたのに、契約後に聞くと、『いつ亡くなっても不思議ではありません。』とか、『今週もつかどうか・・』なんて言われた事もあります。

なんとか決済日まで生存していても、司法書士が『再度、意思確認したい』と言い出すことも・・枕元で、『売りますよ!ウ・リ・マ・ス・ヨ!いいですか!』と再確認したことも何回か記憶にあります。

無事に引渡し・決済が終わると、『セーフだった・・』と安堵します。不謹慎な話ですが、(フーッ・・これで、いつ亡くなってもらっても・・)なんて思うこともあります。・・そして最後に疑問は残ります。

不動産を売って得たお金を本人が使わず亡くなるケースが多いのです。葬式代にしては高額ですしね。・・まぁ、身内の事情でしょう。亡くなってから売るとなると、困る人や損する人もいるのです。

取引が終わり、しばらく経った頃に売主の親族から電話がきますが、用件は聞く前に分かります。売主が亡くなったという知らせです。取引は無事に終えている・・しかし、何故か虚しさを感じます。
男の仕事 2
男の仕事とは、自分や家族が生きていくために必要な通貨を稼ぐ手段です。たくさん稼ぐ者は豊かな生活をすることも、貯蓄をすることもできますが、稼げない者は苦しい生活を余儀なくされます。

誰もが楽で豊かな生活を望みますが、みんなが豊かであれば、それが平均の位置となり、豊かさを感じることはできません。日本に生まれたのなら、その段階で豊かなのですが実感できません。

実感するには貧しい国と比べるしかありません。・・ま、それはおいといて、国内で豊かさを実感するのは、平均的な位置より上の収入・生活をする必要があります。家・車・預金・社会的な地位・・

宝クジでも当たれば別ですが、そうでないなら努力をするしかありません。しかし、真面目に仕事をすれば豊かになれるというほど単純でもありません。男の職場でも恨み、妬み、裏切りがあります。

今のような不況の時期は油断できません。仕事=収入=価値ですが、上司に好かれるか?嫌われるか?で職を失う者もいます。良い仕事を奪われ、辛い仕事のみ強要される者もいるでしょう。

リストラや解雇も怖いですね。そんな時に重要視されるのが、上の人間の好き嫌いです。現代社会において仕事のできる男とは、敵を作らず、嫌われず、危険から上手に逃げることができる男です。

職場で同僚を裏切っても、部下を見捨てても、自分だけは助かる努力をする者が家族にとって価値のある世帯主であり、職場でカッコつけて辞表を叩きつける者はカッコ良いですが、愚か者です。

会社を辞めようと思った時には考えてみると良いですね。何の目的で仕事しているのか?男の意地やプライドで飯は食えませんよ。誰もが本心から優しくしてくれる職場なんて探しても無駄です。

不況の時は精神的な強さが必要です。心の耐震強度です。少々の大雨や台風なら耐える必要があります。恨み、妬み、裏切り、イジメ・・何でも耐えられる免震構造のような心になりたいですね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.