ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不採算
不動産業界は日増しに厳しくなる感じがしますね。倒産も続いてますし、不採算店舗を閉める会社も多いです。好景気に店舗を増やし、不景気に不採算店舗を閉める・・それは人事も関わります。

支店を出すから支店長に任命する・・営業職、事務職、パートを募集する・・支店を閉鎖する時は・・戻る場所がある人と、お別れの人がいます。戻れる人も時間の問題で居場所を失うとは思います。

不動産仲介会社の損益分岐点は意外と高いです。店を出し、賃料を払い、OA機器をリース料、営業車両、パートさんの経費・・広告費、営業職の人件費、大きい会社は本社経費の負担もあります。

いろいろ計算すると、月に数百万の経費ですね。そのような状況で営業職が1人か2人なら・・1人で大型バスを運転して煙草を買いに行くくらい無駄です。しかし、営業職とっては天国といえます。

店の賃料を払い、責任者を置き、パートを雇用し、数多くのOA機器をリースし、広告経費をかけているなら最低の数字は上がりますし、その数字でさえ営業職は自分自身の功績と勘違いします。

『不況でも、俺は営業力があるので契約ができる!』なんてね。でもね・・会社がかけた経費の恩恵を少人数で分け合うのなら猿でも契約できますよ。しかし、その状況を続けるほど会社は損します。

300万の経費で200万の収入なら、さっさと店を閉めたほうが良いと思います。簡単な算数で分かることです。その算数ができない営業職も存在しますが・・近々、会社が教えてくれますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.