ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
体力勝負
これだけ世の中が進歩しているのに、営業職の仕事は体力勝負ですね。体育会系といか、単細胞というか・・。ただでさえ体力勝負なのに、この不況です。日頃の動きが悪い者は淘汰されます。

個人主義である仲介営業でも、会社や支店、あるいは課の目標達成という意味で連帯責任が生じることもあります。たとえば、支店の数字が悪ければ、『全員、休日出勤しろ!』と強要されたり・・

誰かが接客していたり契約してたりすると、それが深夜であったとしても終わるまで全員が帰宅できないルールとか・・・月末は店の経理が忙しくて女性社員も深夜まで働くとか・・よくある話です。

私も始発で帰ったことが何回もあります。そのうちの1回は・・他の営業マンが深夜に契約する事になり、終わるまで店の全員が残ることに・・23時頃からスタートして、なんだかんだで2時半過ぎ・・

契約を終えてからも、ローンの申込書類を書かせたり雑談したりと担当者がチンタラやってたので、全て終わったのが4時前だったかな?他の者も全員が残っていました。・・何か狂ってますよね。

契約後にお茶を出す任務で女性社員も残ってました。・・これが根性主義、体力勝負の会社です。『連帯責任』てやつですかね。苦しみも悲しみも共有する社風でした。・・しかし、疲れましたよ。

残業中にトイレ行って戻ってきたら、始業時間だった・・なんて経験も一度や二度なら良い思い出になります。しかし、頻繁にあるのなら体を壊します。体力で勝負できるのは30代までかな。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.