ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
誰も助からない話
このブログやってるおかげで日本全国からメールが着ますが、景気の良い話など何一つありません。悲鳴のようなメールが多いです。社員さんだけでは無いですよ。多くの経営者が悩んでいます。

解雇・転職に関する内容のメールが多いですね。3月末を恐れる者が大勢います。会社自体が倒産する可能性、子会社が解散する可能性、業務縮小で解雇や配置転換の可能性・・いろいろです。

いずれにせよ今年の3月末は『悪魔がやって来る』イメージですね。この時期に不動産の購入をする一般消費者は度胸がありますね。今日契約して明日は倒産・・なんて現実的にありえます。

『とにかく契約して手付金をもらえ!』なんて社内で叫んでる社長さんもいるのかな。『どうせ倒産するのだから、かき集められるだけ金を集めて・・』ではなく、迷惑かけずに潰して欲しいものです。

そういえば昔の話ですが、知人で不動産会社の専務になった者がいました。金融機関にいた経歴があり、経理を任されていたのですが、バブル崩壊で景気が悪くなり銀行融資がストップしました。

そこで社長から・・『銀行から金が出ないので、専務(知人)が社有物件を買ったことにして住宅ローンを借りてくれ!』と頼まれたそうです。断れば会社にはいられません・・結果、退職を選びました。

別の知人のケースでは・・同じことを頼まれて個人名義で住宅ローンを借りました。会社は物件が一つ売れたので多少の金策にはなりましたが、最後は倒産したので無駄な行為だったといえます。

ハイリスクな頼みごとを懇願されたら、たとえ相手が身内でも断るべきです。息子の保証人になった親の家が競売・・なんてよくある話です。結局、誰も助からないケースが多いのです。・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.