ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
終業時刻
ずいぶん昔ですが、時間にウルサイ管理職がいました。時間=損得・・という考えは周囲の者にも伝わりましたが、『時は金なり』というビジネススタンスではありません。・・仕事の意欲は0でした。

比較的に安定した会社で定年も近かったことも原因だとは思います。とにかく帰る時間に関しては正確でした。定時に帰るための準備は万全で、時計の長い針が『0』になると即行で席を立ちました。

公務員の世界では珍しくない話かもしれませんが不動産会社では珍しい話です。『定時』と書きましたが、不動産会社なので就業規則の終業時間ではありません。しかし、かなり早めの時間でした。

部下の立場としては、上司が早く帰りたがるのは嬉しいことです。いつまでもチンタラと時間調整みたいに過ごす時間は無駄です。私もそのような無駄な時間を数百・・数千時間は過ごしました。

不動産会社の多くは、『暗黙の了解』で決められた終業時刻まで仕事をする・・ってのが多いですね。もちろん残業代はつきません。会社によりますが、大きい会社は21時前後が多いのかな。

21時からチラシのポスティングに行き、23時~0時に会社へ戻るなんて会社もあるとは思います。それができるのは30代までかな。40歳を過ぎると、体力があっても無くてもアホらしくてできません。

私の感覚だと、せいぜい20時までですね。忙しい時は別ですけどね。チラシ撒きのノルマを増やして、『忙しい』ってバカ会社を除き、今は暇な業者が多いのでは?だったら、さっさと帰りましょう。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.