ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、世間話でも 17
個人情報は慎重に管理する時代ですが、いわゆる買い付け証明(購入申込書)に住所を記名せず、氏名だけ書いてFAXしてくる業者も存在します。しかも・・FAX送付状と同じ筆跡だったりします。

客付業者いわく、『個人情報なので明記できません。』なんてね。だったら、売主の個人情報はどうなるんだよ!・・と思うのは私だけかな。印鑑の代わりに親指で拇印を押してるケースもあります。

誰の拇印?という疑惑が・・。そういうケースに限ってローン打診で玉砕したり、契約後にローン否決による白紙解約となるものです。アホな業者を相手にしてしまった事の反省材料にはなりますね。

買付けを入れ、契約条件の交渉を終え、契約直前にキャンセルなんて例でも最後まで購入希望者の住所を秘密にする業者の真意は、抜かれたくない・・顧客を盗られたくないと警戒してるのかな。

業法違反のオンパレードで、悪名高い存在なのに、『当社の規定では・・』なんて能書きたれるケースもあります。たぶん、大手各社から、『物件確認段階で排除』 『取引禁止』とされているのでは?

同業者と、そんな話題になった事があります。『もし当社にそんな買付けを送ってきても相手にはしないし、煩わしいから物件確認の段階で断るよ。』と同業者は言ってました。同感ですね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.