ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
信じる気持ち
私は不動産売買仲介の営業として長く仕事をしてきましたが、若い頃は賃貸仲介も経験しました。少なくとも10ヵ国以上の人と数百回の賃貸契約(仲介)をしましたが、とくに思い出深い話をします。

事業用の賃貸物件を扱っていた時の話です。事業用と言っても9割が飲食店舗でした。そんなある日、ある貸店舗のオーナーが相談に来ました。賃料の滞納が3ヶ月も続いているというのです。

借主は外国人女性・・保証人は日本人で遠方に在住・・たぶん保証する気のない者で、電話しても口先だけの弁解ばかり・・呼びつけても来ません。とりあえず借主を会社に呼び、話をすることに・・

現れたのは金髪の美女・・そこそこ日本語も話せて、『もう少し待ってください。必ず払います。』と言いましたが、私は『今すぐ払わないと許さない。』と厳しい要求をしました。オーナーさんは不安顔・・

すると、その女性は泣き出しました。『なぜ信じてくれないのですか?私は嘘はつきません。知人に借りて、必ず支払います。どうか信じて!お願いです・・お願い・・』と涙を流しながら訴えました。

同席していた店舗オーナー(貸主)は私に、『不動産屋さん、もう少し待ってあげましょう。』と言い、その女性に、『もう泣かないで!話は分かりました。どれだけ時間が必要なの?』と聞きました。

その女性は、『オーナーさん、ありがとう・・1週間待ってください。』と言い、涙を拭きました。遠くの国から異国に来て、苦労しながらも前向きに頑張っている女性を、もう少しだけ信じてあげようと・・

貸主は、そう思ったのです。人を信じること・・それは簡単ではありません。不動産の仕事をしていると、いつしか人を信じる気持ちを無くしてしまうものです。それは、悲しいことかもしれませんね。

1週間後、貸主と私は借主を訪ねましたが、留守でした。私は借主と接点のある外国人に連絡をして、本人の居所を聞くと・・『とっくに国に帰った。もう二度と来ないよ。』と、言われました。・・ご用心。
タレント力
前から思っていたのですが、小さい不動産屋さんは社長が営業したほうが良いですね。そのほうが何もかも上手くいくと思います。会社の顔=社長です。お客さんも社長が担当すると喜びますよ。

家を売りたいというお客さんの家を訪ねた時に、『じつは・・もう1社、声をかけたい不動産屋さんがいるんですよ。知り合いに不動産屋の社長さんがいるもので・・』なんて言われることがあります。

知り合い・・って、どんなレベルかというと、少し知っている程度のケースが多いのです。でも、『私は不動産屋の社長さんと知り合だ!』と思っていただいているのです。・・ありがたい話ですよね。

たとえ小さい不動産会社でも、社長さんが契約を担当したり、または担当しなくても、たまに顔を出したり、お歳暮・お中元を社長名で出すことにより、『知り合いの社長』という立場になるようですよ。

それに、個人間の会話でも、『家を探しているの?知り合いの営業マンを紹介しようか?』と言うよりも、『不動産屋の社長を知っているので紹介しようか?』・・と言うほうが、発言者も気分がいいし・・

言われたほうも、『えっ!社長さんを紹介してくれるの?』となります。 どうせ何かあったら全責任を負うのは社長です。それなら無責任な営業マンに任せるより、自分で動いたほうが安心ですよ。

求められるのは『タレント力』です。会社の顔となり、多方面に顔を売り、そこで得た情報を社員に割り振る・・そんなスタイルがあっても良いと思います。ヤクザ顔の社長には無理な話ですが・・。(笑)
呪文
ずいぶん前の話です。比較的に暇な火曜日の昼頃、女性事務員が深くため息をつきました。近くにいた営業マンが、『どうしたの?』と聞くと、『なんか、おもしろいことないかなぁ・・』というので・・

そこで営業マンが、『男を引き寄せる呪文ってのがあるけど・・』というと、『なにそれ?教えて!』というので、『ある呪文を唱えると、男達が魔法にかかり、近づいてくるんだよ。』と説明しました。

その営業マンは、物件資料を鞄に入れたり、住宅地図のコピーをとったりと、出かける用意をしながら会話を続けました。女性事務員は素直な性格でした。『私、やってみるわ!!』と言いました。

その営業マンは外出予定を書くホワイトボードに、「物調」と書きながら、『俺が出かけてから唱えてね。俺に魔法がかかると困るからさ・・』と言い、『ポーチンを20回唱えるといいよ。』と、教えました。

事務員はすぐにも唱え始める雰囲気でしたので、その営業マンは慌てて店を出ました。店を出た直後に、店内から呪文を唱える声が・・少しすると、事務員の悲鳴に似た叫び声が聞えてきました。

店長や営業マン達が事務員に、『どうしたの?』 『欲求不満?』 『頭、大丈夫?』と、魔法にかかったように近づいたのも確認できたので、(さて・・物調でも行くか)と、その営業マンは歩きだしました。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.