ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
反響のないチラシ
不動産仲介会社が実施するチラシ広告には、各営業職に予算を与えて各自の責任で実施するものと、責任者が各営業職の担当物件の中から掲載するものを選別して実施するものがあります。

大手系仲介会社の場合、各営業職の単独チラシが多いです。反響が多いのも少ないのも、稼げるのも、稼げないのも営業の自己責任です。店としても当たり外れはありますが全滅はありません。

支店の責任者が反響数を確保できる物件を集めて掲載する不動産会社もありますが、支店の責任者がボンクラだと高確率で大失敗しますね。そのような悲惨なケースがあるのは私も知ってます。

たとえば、営業職が歩合を稼ぐために必死に考え、悩み、選んで作るチラシ広告と、時間潰しで会社に来ている管理職が、その時の気分で掲載物件を選び、作るチラシ広告では効果が違います。

ボンクラの責任者はチラシ掲載の判断基準が違います。両手になるという理由だけで、パワービルダー系建売住宅の売れ残りを集めて掲載したり、売主対策・媒介報告のためだけに掲載したりね。

毎週毎週、月曜火曜がくる度に、週末の新聞折込チラシに掲載する物件を選定しなければならないのですから、面倒くさい・・かったるい・・先週と同じでいいや・・となる気持ちもわかりますけどね。

まぁ、そんなケースは稀です。よほどノンビリした労働環境でないと無理な技です。いずれにしてもチラシ掲載の物件選定を無能な者に任せたらアウトです。店舗閉鎖に追い込まれますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.