ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
100円じゃ無理
不動産仲介業者の実施する広告といえば新聞折込チラシと、ポスティング・チラシ(いわゆる迷惑チラシ)、インターネット広告くらいです。100回の会議をしても新しい発想などでてこないのでは?

なぜかといえば、常に即効性を求めるからです。今週に実施して来週には契約・・という短期戦略が前提なので中長期的な営業ができず、結果的にその場(週)限りの営業活動となるわけです。

中長期的な営業を今頃始めても、今月の業績に影響しませんが、1年前に始めてたら今月の業績に影響していた可能性があります。『中長期=種まき』です。既契約者による知人の紹介とかね。

既契約者に年賀状と暑中見舞いを出してる会社は多いですが、家を購入した顧客に1人当たり/年間100円(ハガキ2枚)・・しか経費をかけない会社に中長期の種まきは無理です。100円じゃ無理。

夢遊病のように思考停止状態でチラシ広告を続け、月に数十万~数百万の広告費用をかけるのなら、既契約者に対して、誕生日・・クリスマス・・お歳暮・・お中元・・に何か贈るくらいはしないとね。

営業マンが負担しろって?それは筋違いです。会社の既契約者は会社の財産であり、営業マンは担当者でしかありません。極端に言えば、営業マンの個人的な知人が会社を通して契約した場合・・

これも完全に会社の顧客です。問題が発生した時に責任をとるのも会社です。営業マンの個人的な知り合いであることは関係ありません。だから、その営業マンが退職しても会社の顧客です。

営業マンの出入りが激しい業界です。営業マンが辞める度に顧客リストを持ち出されても困るのでは?『それは会社の客だろ!』と言いたいなら、お中元もお歳暮も会社が負担しないとね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.