ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
強行手段
ずいぶん昔の話です。その地域ではまだ下水道が未整備だったため、トイレの汚水処理は汲み取りか、単独浄化槽を設置して道路の雨水管へ放流していました。まぁ、そんな時代の話です。

ある不動産屋が数戸の建売をする際、近くの公道の埋設管に接続せず、計画地に隣接する土地所有者の承諾を得て隣接地に雨水管を埋設させてもらい、隣接地を経由して河川に放流しました。

隣接地の所有者も、どうせ地下だから見えないし・・と気軽な気持ちだったのでしょう。いくらかの謝礼で応じたのだと思います。そして年月が経ち、事情が変わりました。・・下水道が整備されました。

隣接地の所有者も、敷地内に第三者が利用している雨水管が埋設されているため、自由に分割・処分ができない状態が続くと困るので、下水道が整備される日を心待ちにしていたのだと思います。

隣接地の所有者は近隣住民達に、『下水道が整備されたのだから、早急に公道の下水道管を利用して欲しい。』と言ったのですが・・近隣住民達は、お金がかかる話なので応じませんでした。

ここまでは珍しくもない話です。しかし、ここからは珍しい話になります。隣接地の地主さんはキレましたよ。完全にキレました。・・・敷地内の雨水管(排水管)に、生コン(コンクリート)を流しました。

生コンは埋設管の中で固まり、二度と利用できない状態となりました。その埋設管を利用していた全世帯が家のトイレが使えない状態になったのは言うまでもありません。・・凄いですね。ご用心。
私道.net
私もいくつかのブログと、いくつかのHPを運営・管理していますが、ブログとHPの決定的な違いは、ブログのほうが内容に自由度がありますね。HPは整理しないと落書き帳になってしまいます。

ブログは、その日の気分次第で好きなことを書き、カテゴリーだけ分けて保存し、公開すればOKです。まぁ、OKって言っても、私がOKと思っているだけかもしれませんが・・。で、次に言えるのは・・

文章のいい加減さです。ブログは話し言葉が許されるので、頭で思い浮かんだ言葉を訂正する事なくキーボードに打ち込めます。『特打ち』ソフトで遊んでいたので、まぁまぁの速さだと思います。

HPの話に戻りますが、私道のHP 『私道.net』 を作りました。私道の解説だけをするHPです。まだ整理整頓ができていないので落書き帳のレベルですが、整理と訂正を繰り返して進化させます。

自作バナーは気に入ってます。↓↓↓こんなかんじです。





世間は狭い
バブルが終わる頃、ある中年営業マンと知り合いました。その営業マンは遊び好きで、ルックスは並以下でしたが女性関係はかなり派手でした。仕事より遊び優先のようでしたが、バブルは終わり・・

その中年営業マンの勤務先は倒産したので会う機会も無くなりました。その後、私の勤務先も倒産したため、私も同業他社に転職しました。そんなある日、賃貸担当の女性と出かける機会があり・・

目的地に着くまで世間話をしていたのですが、その女性が彼氏の事を話しはじめ・・彼氏が、その中年営業マンだったことが判明しました。かなり遠くの業者だったのですが、世間は狭いですね。

話が変わりますが、ずいぶん昔・・仲介した中古マンションで水漏れがあり、共同仲介をした業者の対応に激高した私は、『あの担当者は、クズ野郎だな・・』などと、社内で愚痴を言ったのですが・・

数ヵ月後・・事務員が結婚して新しい苗字になった時、そのクズ野郎と結婚したと知りました。同業他社の社員と交際してる人って多いですね。どんな気持ちで私の愚痴を聞いてたのかな。ご用心。
カブト虫
まだ私が小さかった頃の話です。ある年の夏、父が車に轢かれたと連絡があり、母と私は病院に駆けつけました。父は生きていましたが、車に轢かれて複雑骨折した足にギプスをしていました。

私は、その姿が面白くて爆笑したところ、父は起き上がり私を怒鳴りました。母からは常に怒鳴られてましたし、包丁で首を軽く刺された事もありますが・・父に怒鳴られたのは、あの時だけです。

・・事件の話ですが、父は事件のあった夜、車で近くの森へ行きました。松の木を見つけたので車を止め、カブト虫を探し始めました。幼虫でも探していたのか?道路に膝をついた体勢の時に・・

車が来て轢かれました。まぁ、気がつかなかったのでしょう。ライトもつけず、エンジン音もしない自動車です。自分の車ですから・・。坂道なのに、サイド・ブレーキもかけず、止めておいたのです。

深夜の森の中です。誰も通りません。父は腕で這いながら前進し、夜明けの頃には町に到着して、無事発見されました。私のためにカブト虫を捕まえに行き、自分の車に轢かれたわけです。(笑)

その私に爆笑されたら怒りますよね。まぁ、私は悪くないのですが、怒る気持ちは理解できます。不動産と関係ない話ですが、面白い話なので書きました。カブト虫の季節が来ると思い出します。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.