ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
敗北感
私は若い頃から早食いで大食いでした。何を食べに行っても注文する時は大盛でした。40代の現在でも、宅配ピザのLLサイズを食べた直後にラーメン1杯くらいなら楽勝で食べる自信があります。

そんな私ですが・・ずいぶん前のことです。仕事が忙しく、気がつけば社内に残っているのは賃貸担当のオバサンと私の2人だけでした。時間も遅いので、『もうそろそろ帰ろうか。』という事になり・・

一緒に駅まで行ったのですが・・腹も減ったのでラーメン屋に寄ることになりました。私も賃貸担当のオバサンも同じようなラーメンを注文したと記憶しています。ネギチャーシュー麺だったかな。

夜遅くまで働いて空腹だったため、私はハイスピードで食べ始めました。半分位食べた頃、向かい側に座る賃貸オバサンを見ると・・もう食べ終わった後で煙草を1本吸い終えるタイミングでした。

私は、(うっ!・・速い!)と思いました。賃貸オバサンは私に、『いいのよ。・・ゆっくり食べて。』と言いましたが、その人の性格から推測すると、(いつまでチンタラ食べてんのよ・・)と思ったはずです。

50代の女性を相手に・・完全なる敗北・・完全に子供扱い・・早食い自慢の私が大差で負けました。しかも私はハイスピードで臨みましたが、相手は自然体のマイペース・・上には上がいますね。(笑)
リスク回避3
信頼と安心を語る不動産会社は多いです。しかし仲介会社の場合は・・他社の物件を仲介したり、自社の物件を他社が仲介したりします。売主・買主のトラブルが業者同士の代理戦争になる事も・・

トラブルや紛争で勝つことが『信頼と安心』であると考える武闘派もいると思いますが、トラブルを未然に防ぐほうが重要です。物件は細かく調査しても、取引業者を調査する事は少ないのでは?

日本全国の業者を細かく知る必要はありませんが、地元エリアの業者に関しては注意深く観察し、問題のある業者は警戒すべきだと思いますよ。自社の顧客にリスクを負わせない事が安心では?

私は自分が担当した地域にある暴力団事務所を10ヶ所は把握しています。いわゆる『知っていれば買わなかった』という理由で損害賠償請求された例がありますので用心しているわけですが・・

結果的には、顧客を守る・・顧客にリスクを負わせない・・安心できる・・となるわけです。 (自画自賛) 同業者に対しても観察を怠りません。悪質な業者を記憶するのは当然ですが、こんなことも・・

他社の物件を案内する事になり、物元業者の社長が電車で鍵を届けてくれました。案内結果は申込には至らず、物元業者へ鍵を返却に行くと、『ダメだったの?電車代を損した』と言われました。

そんな事を言われたら普通は怒りますよね。私は神に感謝しましたよ。(助かった・・)ってね。(笑) その業者の社長さんは、自分が非常識で愚か者であることを無料で私に告白してくれたのです。

案内して決まらないのは日常茶飯事です。それで電車代を損したと同業者に言えばどうなるか?当然、笑われますし噂になります。それを予想できないくらい頭が悪い者との取引は危険ですよね?

そんな会社の社有や専任物件に客付けして・・契約後に雨漏り・その他のトラブルがあった場合、誠実な対応は期待できません。開き直ったり逆ギレするのでは?・・不安で取引などできませんね。

その出来事のおかげで、私のブラックリスト(永久取引禁止リスト)に1行増えました。自分の顧客を守ること・・その概念は人それぞれです。もしかしたら、私の考えは間違っているかもしれません。

私が水面下で行う危険回避は顧客には見えません。顧客はリスクを回避した事も知らず取引を終えるので、そのことで感謝されたことも信頼されたこともありません。それで良いと思っています。
聞きたくない話
不動産業界に限ったことではありませんが、ビジネスシーンでは責任の伴う会話というのがあり、具体的には、聞いてはいけない話・・聞かなければ良かった話・・聞きたくない話・・があります。

知ってしまったら報告しなければならない話・・できることなら知りたくなかった話・・。たとえば、昔ですが、後輩から何気なく聞いた話で、やっぱり聞かなければ良かったと後悔したこともあります。

隣の家より地盤が高い物件を後輩が売り出した時、隣に住む人が『売家』の看板を見て電話してきました。『雨が降ると、擁壁の水抜き穴から鉄砲のように水が飛んでくる。』という内容の苦情です。

その後、しばらく経った頃・・私が、『前に擁壁の水抜き穴の苦情があったよな?アレどうなった?』と聞くと、後輩は、『バッチリ解決しました。簡単でした。』と答えました。それを詳しく聞いてみると・・

『穴を塞ぎました。』とのことでした。・・私は後輩に、『オマエさぁ・・土圧って聞いたことあるか?』と聞くと、『ありません。』との返答でした。・・私は、聞かなければ良かったと後悔しましたよ。(笑)

違う例では・・業者さんに建売用地を仲介して、決済が近くなった頃に社長さんが、『じつは銀行に融資を申し込む際に、銀行の融資担当者から売買金額をふかすようにアドバイスされた。』と・・

そして、『その融資担当者が決済前なのに転勤してしまい、別の担当者になるので困った・・』と打ち明けられた時は困りました。まぁ、よくある話ではありますが・・仲介担当者に話をされてもね・・。

まぁ、少しゴタゴタしたり、バタバタしたりするけど、迷惑はかけないから、少々の事は見ないフリをしてくれ・・という意味だったのかな。最悪でも決済期日の延長をしてノンバンクから借りるとかね。

他にも違う例があります。ノンビリした買取屋の社長さんがいて・・契約して決済が近くなった頃、『決済場所は何処の銀行ですか?』と聞くと、『まだ融資の申込みもしてない。』なんて不安なことを・・

『えっ?決済まで10日も無いですよ。』と聞くと、『どうにかするよ。』なんて返事・・結果的に決済できましたが、途中で不安な話を聞いてしまったため、私は不安な毎日を過ごす事になりました。(笑)

聞きたくない話でした。・・逆に聞きたい話もありますよね。昔ですが、仲間に、『この前の飲み会で事務員と消えたよな。その後、どうした?』と聞くと、『絶対に秘密ですよ・・じつは・・』なんてね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.