ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、世間話でも 57
独居老人の孤独死とかって、たまにテレビや雑誌で取り上げますね。ま、関係ない人には関係ないというか、何処か他所の国で起きている事のように感じると思いますが・・地場の不動産屋では・・

世間様よりは身近に感じる人が多いのでは?とくにボロアパートを扱ってる不動産業者はリアルに感じますよね。ボロアパートの独居老人は家賃を現金で持参するケースが多く、家賃が遅れると・・

(おかしいな・・いつも月末に持ってくるのに・・まさか死んでるのか?・・)と心配になりますね。ま、賃借人の健康状態が心配か?部屋で死なれては困るという心配か?は想像に任せます。(笑)

独居老人の寂く貧しい生活ぶりを知れば、いろいろな事を深く考えさせられます。死ねないから生きてるだけの独居老人は多いと思います。子供達からは同居を拒絶されて一人暮らしの日々で・・

心臓が動く間は、病院に通いながら年金で家賃を払い、残った金で生活する日々・・最終的にボロアパートの一室で天井を見上げながらご臨終・・で、そのうち、民生委員か?介護関係の人か?

もしくは不動産屋が訪ねてきますよ。いつ発見されるかは運次第です。でも、経済大国の『独居老人の孤独死』は、貧しい国の『餓死』や、紛争してる国の『戦死』と比べたら長生きですけどね。
賃貸管理
いつだったか、月極駐車場の借主から『隣の車がコチラにはみ出して駐車する事が多くて迷惑している』と電話がありました。よくある苦情です。自分で注意するのは嫌だと言ってました。理由は・・

『コチラが直接に注意して怨まれたら困る。車に傷つけられたり、イタズラされる可能性もあるから・・』とのことでした。ま、ごもっともな話です。・・だから、不動産屋の出番ってわけですね。(笑)

賃貸アパートの苦情もいろいろあります。隣の人が騒がしいとか、物を置いて邪魔だとか、夜中に洗濯機を使わないで欲しいとか・・そんな苦情に対応するのも不動産屋の仕事です。でも、たまに・・

空室の仲介だけは不動産屋に頼むけど、『管理は自分でやります!』とか宣言して、管理や更新手続きは自分でやる貸主もいます。それはそれで良いとは思いますが、高確率で挫折しますね。

ある日、電話がきます。『あの~ご相談が・・』なんてね。賃借人とトラブルになり、自分では解決できないので不動産屋に泣きつくパターンです。・・で、『ご自分で管理すると言ってましたよね?』と・・

嫌味を言われて、『いや、すみませんでした。とにかく、なんとかして下さい!』なんてね。でもね・・管理料も更新手数料ももらってない不動産屋が、入居者に関して5年も10年も責任はもてませんよ。

たとえば・・顧客を仲介して入居させた・・10年経過・・不況で顧客が賃料滞納中・・当時、入居を斡旋した不動産屋に責任とれ!って?・・どんだけ長くて重い責任なんだよ!って普通怒りますよ。

賃貸管理料や更新手数料がもったいないから自分で管理する・・のは結構ですが・・困った時だけ泣きつくのはダメですよ。それが許されるなら、誰もバカ正直に管理料なんか払いませんよ。(笑)
最近気になる事
最近、気になっている事があります。エレベーターの無いマンションで5階建の5階部分は、いくらまで下がるのか?地域によっては300万を下回る物件もあります。いくら下げても売れないのかな。

賃貸物件のフリーレントも、今後どうなるのか興味がありますね。フリーレント2ヶ月なんてのは珍しくもないですが、このまま不景気が続けば、フリーレント5ヶ月とか10ヶ月・・って、ありえるのかな。

ワンルームで賃料が2万円台の物件情報を見ることがありますが・・気になります。これも地域によりますが・・1万円台とか、1万円以下の物件・・て今後はありえるのかな。・・底が見えませんね。

交通の便が悪い地域の商店街・・シャッター通りがどうなるのか?は、なんとなく見えてきました。気がつけば建売になってる事が多いです。スーパーの跡地に・・建売。商店を取り壊して・・建売。

ゴーストタウンや、スラム街、貧困街・・って、私は外国映画でしか見た事がありませんが、現在の政治状況・経済状況の流れを見ると、遠くない時期に近くで見ることができそうですね。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.