ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、雑談でも 14
同じ仕事でも、人に強制された行動は辛く、自分の意思による行動は楽に感じるものです。しかし、意思の弱い者は指示・命令等で行動を強制されないと動けないものです。ま、人それぞれかな。

フルコミの営業なら自由の幅が広いけど固定給は無く収入は不安定です。固定給を得る立場なら、会社の指示も受け入れなければなりません。営業活動における行動が制限されるのは当然です。

不動産営業マンのほとんどが完全な固定給か、固定給プラス歩合という雇用形態です。固定給の無いフルコミッション営業マンは全体の割合から言えば少ないですが、今後は増えると思います。

しかし、冒険をしたくても家族への責任を考えると無理はできないのものですよ。知識・経験があっても自信がないとできないし、知識・経験・自信があっても不運が続けば稼げません。ま、ご用心。

追伸/たまには不動産担保ローン最新情報私道.netも見てね。
入居審査2
賃貸の入居審査が厳しすぎる業者もいますね。審査が厳しすぎる業者の物件は入居審査の必要書類も多くて面倒なので避けたほうが効率的です。簡単な仕事を難しくする必要はありません。

家賃保証会社を付けて連帯保証人も付ける・・なんててリスク回避ばかり考えていると客が逃げますよ。それに保証会社なんか、いつ倒産しても不思議ではない状況ですよ。自力で審査しないとね。

逆に、保証会社でOKの顧客でも・・約束の時間を守らない・・印鑑や必要書類を忘れる・・挨拶もろくにできない・・等のバカは排除しないと必ず苦労しますよ。書類審査だけに頼ってはいけません。

接客・面談で判断できる事は多いのです。私が最も重要視する事は口約束です。口約束を守らない者は絶対に避けるべきです。口約束を守れない者の大半は書面での約束も守りません。ご用心。
バイクは最高
バイクは最高ですよ。加速も良いし、燃費も良いし、駐車も車より楽です。スキーはスキー場に行かないと楽しめませんが、バイクは道路があれば楽しめます。もちろん道交法は厳守ですけどね。

会社を辞めて転職活動中の人には普通自動二輪の免許取得をお勧めします。教習所へ毎日通えば2週間で取れますよ。車の免許を持っているなら13万円~15万円程度の費用で取れるはずです。

中高年の人なら大手に転職は無理ですが、地場業者に転職をするならバイク通勤も可能ですよ。フルコミならバイクで営業も可能です。仲介営業は単独行動が多く、バイクのほうが便利です。

現地案内だって現地待ち合わせならバイクで充分です。顧客宅へ訪問する際も車よりは駐車場所に困りません。ま、車なしでは支障がありますが、毎日の移動手段が車ならガソリンの無駄です。

まぁ、こんなかんじで知人にバイクを勧めることが多いのですが、先日、調査会社の社長に普通自動二輪の免許取得を勧めたら、『昔は白バイ乗ってましたけど、何か?』と言われましたよ。(笑)

ま、雑談でも 13
スポーツなどの競技で採点に納得がいかない事がありますね。私は観戦してストレスになる競技は見ません。物事を損得で判断するのが人間・・公正な判断を期待して裏切られる事もありますよ。

サラリーマンにとって出世は生涯を賭けた競争ですが、仕事ができる人間が出世して、そうでない人間が出世できない・・という単純な基準ではありません。昇格を判断する側の損得が影響します。

不動産会社などはメチャクチャな昇格が多いですよ。大手系列会社の部長クラスで、『この人は仕事ができるな・・』と思わせる人は多くありません。自分を大きく見せる人は多いですけどね。(笑)

大手系列の不動産会社は、部長レベルから先にリストラをするべきです。虚勢を張るだけの無能な管理職に高い年収を払い続ける事に何か意味があるのなら別ですが、残す価値はないのでは?

ま、管理職を長くやっていた者は、リストラされても再就職はできないと思います。退職した瞬間に、元・部下達の態度は豹変します。他業者に転職できたとしても物件情報なんか出しませんよ。

昔の人脈で商売しようなんて甘いです。付き合っていた業者も、本人が大きい会社に所属していたから相手にしていただけです。辞めたら、ただのオッサンだと思い知る日が来ますよ。ご用心。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.