ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
入居審査3
入居審査の甘い不動産会社があります。もちろんボロアパート専門の仲介業者です。(笑)ま、ただでさえ空室がたくさんあるのに、厳しい入居審査なんかやってたら誰も入居しませんよね。(笑)

入居者の大半は生活保護者で、独居老人みたいです。賃借人が定期的に孤独死します。2日連続で管理物件の賃借人が亡くなった・・というか、発見された事もあるようです。今後も続くのでは?

一応、連帯保証人は付けてもらっているようですが、滞納した賃料を保証した連帯保証人は少ないみたいです。そもそも連帯保証人の保証能力を審査していないのですから想定の範囲内でしょう。

ま、リスクがあるのは承知のうえでやってるわけです。もちろん貸主も承諾しているはずです。厳しい審査で半分が空室のアパートより、滞納のリスクが高くても満室のほうが良いという判断です。

このような入居審査の甘い不動産屋や、誰でも入居できるアパートって必要ですよね。だって、厳しい審査の不動産屋ばかりなら、審査で断られた人の行き場が無くなり、ホームレスが増えます。

そのような意味で、審査の甘い不動産屋は世のため人のために貢献していますが・・キレイな物件は大手に集まり、老朽化した物件だけが残り、審査を甘くしないと食えない事情もあるかもね。

ま、雑談でも 16
私は『プリズンブレイク』 『ER』 『24』などの海外ドラマが好きですが、どれも忙しい雰囲気ですね。私の性格が短気な事も関係あるのかな。・・よく考えてみると、ノンビリした物語は見ていません。

仕事は繁忙期と言うほどは忙しくありませんが、働いてはいます。手間のかかる物件を取引すると雑務で忙しくなります。測量もしてない・・増築登記もしてない・・売主の住所(表示)変更もしてない・・

とっくにローンを払い終えているのに抵当権の抹消もしてない・・引越したのに荷物は置きっぱなし・・なんてのが、たくさん重なると苦労します。契約したら決済までには解決しなければなりません。

手配するだけの仕事もありますが、順調に進まない時は心配です。測量の立会いを拒否する人もいるし、増築登記は、工事業者が倒産していたりすると、時間がかかり過ぎる事もあり怖いです。

売主の住所(表示)変更も、住所を動かし過ぎている人は手間がかかります。払い終えているローンの抵当権抹消手続きも、既に抵当権者が商号変更していたり、郵送で時間がかかったします。

海外ドラマのストーリーは、面白くて忙しい・・ですが、私の仕事は忙しくても面白くはありません。なんでも新鮮に感じた新人の時期はとっくに過ぎ去っていますので。ま、仕事あるだけマシか。(笑)
ま、雑談でも 15
人通りの多い駅前の不動産屋でも人通りの少ない立地にある不動産屋でも定休日はありますが、人通りの多い駅前の不動産屋が定休日で閉まっているのを見ると、もったいない気がします。

店を開けているだけで来店があるのなら交代で休むなりして年中無休にすれば良いのに・・と思います。私が社長でもそうするし、歩合を稼ぐ営業マンの立場でも自主的に出勤すると思います。

完全なる固定給社員の立場なら・・もちろん休むに決まってます。(笑) 稼げると思うから出勤するわけで、1円も得をしないなら休みますよ。定休日の他にも、もったいないな・・と思う事があります。

人通りの多い駅前にある不動産屋なのに・・店頭のチラシは古い・・店構えも古臭い・・もったいないです。人通りが多い場所に店があるのなら、もう少しだけ努力すれば来店客が増えるのにね。

店頭のガラス一面に上から下まで物件図面を貼っている業者も多いですが、身長より高いスペースに貼っても誰も見ないし、膝より下のスペースに物件図面を貼っても犬猫しか見ないのでは?

物件図面を貼っても無意味なスペースには、カッティングシートで作成した切り文字で、『月極駐車場あります。』や、『賃貸物件募集中』と表示したほうが効果的ですよ。切り文字の作成は簡単です。

ホームセンターでカッティングシートを買ってきて、好きな文字をワードで作成・印刷して、コピー機で拡大して、カッティングシートに仮止めして、上からカッターで文字の形に沿って切り抜けば・・

誰でも作成できます。切り抜いたカッティングシートの文字をガラスに貼るだけです。ちなみに・・ガラス面は水で濡らしておかないと、貼った直後に微妙な位置の調整ができません。ご用心(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.