ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
後先と損得の話
不動産関連の話ですが、先より後のほうが得だな・・って思うことがあります。たとえば、測量なんかは分かりやすいですね。隣接地との土地境界が確定していない場合、自分が測量を依頼して・・

隣接地の所有者に立会いをお願いするケースでは、自分が測量費用を負担するわけですが、先に隣接地の人が測量を依頼して、自分が立会いをお願いされるケースなら費用はかかりません。

市区町村や都道府県が所有する公道の境界立会いも同様です。役所から境界立会いを求められて、その結果、境界が確定するケースでは、立会いを求められた側は無料で境界が確定します。

自分が測量士に依頼して官民の境界を確定させるケースでは、自分が測量費用を負担しなければなりません。ま、土地全体の測量と個別の境界確定は別の話ですが、境界は確定していたほうが・・

測量費用が安いわけです。ま、測量の話はこれくらいにして、開発行為による道路のセットバックも先か?後か?で損得があります。たとえば、4M道路に接する土地で開発許可を得ようとする場合・・

開発許可を得ようとする土地が一方的に土地を減らして道路を広くする事になります。4M道路を6Mにするなら、2M後退ですし、6.5Mにするなら2.5M後退です。その後に向かい側の土地が・・

開発行為をする場合、向かい側の開発行為のおかげで道路幅員は開発行為の要件を満たしているため、そのための道路後退は不要です。第42条2項道路のセットバックは別の話ですけどね。

あとは・・道路にガス・水道・下水等の本管がないケースも同じようなケースかな。自分が申請して、遠くから自分の土地の前まで配管してもらう場合、高い費用が必要となるケースもありますが・・

自分の土地の隣接地で開発行為が行われたなら、そこまではガス・水道・下水等の配管が完備される事になります。そこから自分の土地まで配管を延長する程度であれば、費用は安いです。

不動産の話ではありませんが・・バツイチの人って、一度は結婚式をしてるから二度目は入籍だけして結婚式はしない人が多いですが・・バツイチの人と結婚すると費用という意味では得かな。(笑)

追伸/女性がどれくらい見ているか是非!知りたいので、女性の読者様(年齢不問)にブログランキングの応援をお願いします。
・・・・でも、あまりにも少なすぎて、影響なかったりしてね。(笑)
時間がかかる話
6月の日付でブログ更新していますが、すでに7月です。8月の夏季休暇を贅沢に過ごしたいなら、7月の収入を増やすしかありません。仲介営業マンの報酬体系が歩合制なら、決済した月の・・

翌月に報酬が支払われるケースが多いと思います。たとえば・・今月(7月)に契約して、引渡し決済が8月なら、9月の給料日に歩合が支給されるわけです。・・ということは、今月(7月)の給料日に・・

支払われる歩合は、先々月(5月)より前に契約を済ませてあり、先月(6月)末までに決済を終えている取引に関して、今月(7月)の給料日に支払われる計算になります。だから、今から頑張っても・・

7月の給料日には間に合わないわけですね。(笑)契約してすぐ決済のできる現金取引でも、7月決済で8月の給料日・・多くの場合、給料日は25日かな。・・もう夏季休暇は終わってますね。(笑)

いつも思うのですが、先々を見据えながら動かないとね。気が早いかもしれませんが・・クリスマスイブ(24日・給料日の前日)にお金が必要なら、12月の給料では間に合いません。ということは・・

11月の給料で資金繰りをする必要があります。逆算すると・・11月の支給を目指すなら、10月末までに決済を終える・・9月末より前・・たとえば8月に契約を済ませる必要がある・・ということは・・

7月(現在)に頑張る必要があります。今月に頑張った結果で、贅沢なクリスマスが過ごせる・・という話でした。(笑)困ってから頑張ってもダメです。先々を見据えて早めに行動しないとね。ご用心。
ま、雑談でも48
知人が他社でアパートを売り出していたのですが、なかなか売れず協力を要請されました。そんなわけで、とりあえず一般媒介で参戦する事になり、レインズに登録をしたら、1週間で図面請求が・・

130件以上です。ま、昔みたいに物件確認で、『図面をFAXしてください!』と言ってくる業者は少なく、ほとんどがダウンロードしてるので楽です。コチラはレインズの自社登録物件一覧のページで・・

引き合い件数(物件・図面)を見れば、引き合いが多いか少ないかは把握できます。詳しい話を聞きたい業者とか、具体的に紹介できる顧客のいる業者からは電話がきますので本当に効率的です。

あとは・・客もいないのに物件確認を口実に電話してきて、必ず最後に『当社のホームページ等のインターネット情報に掲載してもよろしいでしょうか?』・・というクソババァ連中がいなくなるといいな。
愛と不動産
いわゆる『愛』と不動産は密接な関係であり、切っても切れない仲であると断言できます。ま、たとえば・・結婚するから家を買う、あるいはアパートを借りる・・子供ができたから家を買う・・あるいは・・

愛人のために部屋を借りる・・マンションを買ってあげる・・なんてケースもあります。大人の恋愛の延長線上には同棲や結婚があり、家探しをする事になります。そうなれば不動産屋の出番です。

また、愛を失っても不動産屋の出番です。離婚すればどちらかが出て行く事になり、出て行く人は新しい住居を探さなければなりません。実家に帰る人や社宅を借りる人は別ですが、多くの場合・・

不動産屋に行くのでは?愛人関係も金の切れ目が縁の切れ目・・買ってもらったマンションなら住み続けられますが、高級マンションの家賃を援助するという形だったら・・別れたら払えませんね。

不倫関係も、バレないで続いている時期は無事ですが、相手の旦那や奥さんにバレてしまったら離婚する可能性は高く、どちらが出て行くにしても、自宅を処分するにしても・・不動産屋の出番です。

とにかく、好きだから一緒に住む・・別れるから出て行くために部屋を探す・・というふうに、愛の始まりと終わりには不動産屋へ行くのです。『男女の愛』だけではありません。『親子の愛』もあります。

子供のために家を買う・・資金を贈与する・・子供と同居できる二世帯住宅を探す・・子供の借金を払うために家を売る・・親の介護をするために近くへ引っ越す・・親の医療費を払うために家を売る。

・・と、いろいろなケースがあります。逆に考えると、不動産屋と関わず生きるには・・人を愛さない・・結婚もしない・・子供も作らない・・親の家に住み続ける・・で、親より早く死ぬことですね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.