ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
失えばわかる話
家族と過ごす幸せな時間とは・・家族で食卓を囲み、夕飯を食べながら、その日にあった出来事などを話すありふれた時間・・私はそんなイメージです。そんな幸せを三部作に分ける事ができます。

【子供時代】・・小さい頃、両親や兄弟(姉妹)と夕飯を食べながら過ごした楽しい時間・・まだ若かった両親と、幼かった自分・・

【子育て時代】・・結婚して親となり、妻や子供と夕食を食べながら過ごす楽しい時間・・子供の将来について夫婦で話をしたりね・・

【老後】・・子供は大きくなり、結婚して孫もできて、2世帯住宅で同居して、子供や孫と過ごす楽しい時間・・食事も風呂も孫と一緒

この三部作を全て体験できる人は幸せだと思います。【子育て時代】は途中で離婚したらそれで終わりです。【老後】は田舎では普通だと思いますが、都心では親の面倒をみない人も多いですよ。

月末になると生活保護を受けている賃借人達が家賃を払いに来ます。その人達も、【子供時代】や【子育て時代】は家族と過ごした楽しい時間があったはずですが・・【老後】は無理だったみたいです。

『お子さんはいるのですか?』と聞くと・・『10年以上は会っていない』  『絶縁している』 『助けてはくれない』・・と言います。いろいろな事情があるようです。普通の幸せを継続する難しさを感じます。

人は変わります。「死ぬまで一緒にいよう。」と言っていた夫も、妻も・・「パパ大好き!」 「ママ大好き!」と言っていた子供も・・そして自分も変わります。それを実感したらアウトです。(笑)ご用心。
融資利用の特約
いわゆるローン特約についてですが、「ローンがダメだったら白紙解約できる」と単純に考えている人もいるので、注意点みたいな事を書きます。一般的な契約書式では、融資利用の特約に関して・・

複数の期限を設定してあります。①融資利用に必要な書類の提出日 ②融資承認期限 ③契約解除期限・・等です。①までに必要書類を提出して・・②までに承認されなければ・・③までに・・

契約を解除する・・という流れです。悪い例は、「ローンが否決されたら月末までなら白紙解約できる」・・なんて特約だけで契約するケースです。必要書類を提出しない事が原因で否決されたら?・・

審査が長引き、承認も否決もされてない状態で、月末を超えたらどうなるか?という疑問が残ります。それと、解除期限の最終日の夜に否決された場合、売主と連絡が取れなかったらどうなるか?

というリスクもあります。融資承認期限と契約解除期限の両方を定めて、融資承認期限の3日~5日後くらいに契約解除期限を定めると、手続きをする時間に余裕があります。否決されたら自動的に・・

解除となる特約なら別ですけどね。・・で、白紙解約にできるケースですが、契約書の定めに、○融資の全額、もしくは一部が否決された場合や、○期限内に融資の承認が得られなかった場合・・

も解約できると定めてあれば、[2,000万円の融資条件に対して最高限度1,999万円の融資承認が得られた場合】でも、【審査が長引いて期限内に承認が間に合わなかった】場合でも、買主に解約・・

できる権利は発生します。コレが基本ですね。シッカリした団体の契約書を使用すれば、まず問題ないです。大手系やフランチャイズ加盟店は細かい契約書を使用していますが、地場業者は・・

シンプルな契約書を好む傾向があります。ワードとかエクセルを使い自社で作ったシンプルな内容の不動産売買契約書を使っているケースもありますが、そのような契約書がヤバイですね。(笑)

昔ですが・・ローン解約期日にローンが否決されて、23時過ぎに解約期日の延長合意をまとめた事があります。結果的にローンは否決され、親族が金を出して決済しましたけどね。・・ま、ご用心。



フリーランサー構想3(妄想)
○今日は相談メールが多かったです。取引が多い時期だからかな。私も案件はありますが、なにせ総額の低い案件しか無いので、何か手を打たなければなりません。古物商は先々の事を・・

考えて続けるとして、このブログのおかげで少しばかり人脈も広がったことだし、同業者様のパートナーとして、小銭を稼がしていただく方法はないものかと考えています。単純に思いつくことは・・

業者向けのアドバイザーやコンサルティングですが、何をアドバイスするのか?何をコンサルティングするのか?・・そもそも、顧客となる不動産業者の知識・経験・アイデアが私より上なら無用です。

・・となると、独立したばかりの社長や、社員教育が苦手な社長がターゲットになりますね。ま、全国的に大活躍・・なんてありえないので、都内を中心に、月5万円の報酬×10社もあれば固定給の・・

代わりになるかなと・・で、提携先を週1回くらいづつグルグル回って、契約書類のチェックや、トラブル相談等、後方支援の仕事だけして、夜は接待でタダ飯、タダ酒の日々・・なんて甘いかな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.