ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話36
○最近は、このブログがきっかけでお会いした人から私の携帯電話に連絡がある事が多いです。とくに残置物の無料引取りで知り合った人は、現地でお会いしているし、名刺交換もしているので・・

その後はメールではなく、携帯電話で連絡を取り合うケースが多いわけです。売買や賃貸の物件情報を提供される事もあるし、知人を紹介する事もあります。食事や酒に付き合う事もあります。

知人が増え続けているので、それに連動して携帯電話に登録している連絡先も増えています。相手の名前・社名・携帯電話番号・会社の電話番号・・を登録しています。名前だけだと思い出せない・・

ケースもあるからです。(笑)ま、一度でも会えば友人みたいなものです。何かあれば気軽に電話していただいて結構ですよ。メールで指を動かすよりも、電話で話したほうが速いし楽だしね。(笑)

さて、3月です。今月は何人の人とお会いできるのか楽しみです。繁忙期なので残置物情報も多いと思います。現地で名刺交換するケースも増えます。名刺が無くなる前に発注しときますよ。(笑)

追伸/お会いできない人達もお気軽にメールください。相談でも世間話でも大歓迎です。それと・・遠くの方で、『いらない骨董品があるけど、宅配便で送ろうか?』なんてメールも大歓迎です。(笑)

メール


雑談・世間話35
○若い営業マンの中には、考えが浅いというか、深く考えない者もいますが、【若いから許される間違い】の範囲を超えてしまう事もあります。顧客対応や契約に関する事は慎重に行動すべきです。

リスクに関しては想像してみる事です。次にどうなるか?は小学生でもわかります。大人ですから3手先、4手先を考えないとね。たとえば・・①調査不足なのに契約してしまった→②問題が発生した→

③会社が損害賠償する事になった→④会社は損害を貴方に請求→⑤払えない→⑥入社時の身元保証人に請求→⑦ご両親に迷惑がかかる・・なんてね。【物件の調査】と、【お父さんお母さん】が・・

関係するわけです。ローン解約に関する事も・・たとえば、ローン承認期限が3月31日で、ローンの白紙解約期限も3月31日・・3月31日の17時にローン否決の連絡を受けた場合・・白紙解約の・・

申し出をしようとしても、売主と連絡が取れず・・翌日に連絡したら、『期限を過ぎているので違約ですよ。』なんて事もあります。ローン承認期限と白紙解約期限は同日にしたら、どうなるか?を・・

よく考えてから契約書を書くべきです。先々を考えて判断できる者は、このような失敗はしません。自分の行動や判断が他人の運命に影響するし、その結果が自分の運命にも影響します。ご用心。

○さて、もうすぐ3月です。いつも暇な不動産屋でも3月だけは忙しいはずです。退去や入居が多い繁忙期ですからね。・・という事は、私の出番もあるのでは?(笑)メールをお待ちしております。
雑談・世間話34
○生命保険会社などが、癌患者の生存率や死亡率のデータを元に、【日本人の死因は癌がトップ】と表現していますが、そもそも、どんな条件で収集した統計なのか?興味深いし疑問もあります。

国民1人当たりの医療被曝量が世界一の放射線被曝大国【日本】は、国民一人当たりの検査件数も世界一で、定期的に検査被曝している人が多いのですから、トップになるのもわかる気がします。

癌以外で死亡した高齢者を解剖した際に、「アレ?この人、癌もあったんだ!」なんてケースもあるそうです。そんな「検診を受けず、癌とは知らず長生きした人の数」も統計してほしいものですね。

○全てを疑る性格の私ですが、不動産関連のニュースを見る度に、(疑わしいな・・)と思っています。【上昇・・下落・・増加・・前年割れ・・ほぼ回復・・】など、数字を根拠にしたニュースを見て・・

数字で判断する前に、どのような条件で集められた数字なのか?不動産情報サイトが収集した登録物件に関する成約数や成約価格データによる発表なら・・不動産情報サイトの登録物件に・・

限定した話です。しかし、すぐに成約できる物件を不動産情報サイトで晒す不動産会社ばかりではありません。不動産情報サイトに登録する前に、①自社の既存顧客(登録顧客)へ紹介したけど・・

成約せず、②地元でチラシ広告を実施したけど成約せず・・という段階があり、最後に不動産情報サイトへ登録するケースもあります。不動産情報サイトに載せる段階まで成約しなかった物件が・・

不動産情報サイトへ登録した後に成約した場合の統計が、不動産情報サイトの成約数や成約価格データでは?統計数字は便利で参考になりますが、それが全てであるような錯覚には・・ご用心。
雑談・世間話33
就職に関する話ですが、中高年の再就職と新卒の就職では選択できる幅が違います。中高年の場合、既に妻子がいて、生活費や子供の教育資金、住宅ローンなど、多くの支払いがあり、生活を・・

維持できる収入を下回る条件で就職するわけにはいきません。たとえば・・年収500万円は必要なのに、年収300万円の条件で求人募集している会社に就職した場合・・破産する可能性が高いです。

ま、奥様が仕事をして、子供達が学校を辞める・・あるいはアルバイトをして家計を助ける・・という家族全員の努力で補える事かもしれませんけどね。・・ま、それが中高年の再就職の難しさです。

それに比べれば、新卒を含む若者の就職は、選択の幅が広いと思いますよ。年収が低いと家族を養えない・・なんて事は無いしね。親と同居なら低収入でも耐えられるので、仕事を覚える事を・・

目的とした動きができます。たとえば、『将来はパン屋さんになりたい!』・・と思うなら、パン屋に就職を希望し、それが無理なら、パン屋さんでアルバイトしてもいいわけですよ。仕事を覚える事が・・

目的ですからね。アルバイトでも採用されないなら、別のアルバイトをしながら【パン作り教室】にでも通い、勉強する方法がありますよ。・・家族を養う中高年には、そのような余裕が無いわけです。

・・で、『将来は不動産屋の社長になりたい!』という人はどうすべきか・・不動産会社の社員が無理なら契約社員、契約社員が無理なら、アルバイトでも良いと思いますよ。それが無理なら、別の・・

アルバイトでもしながら資格学校へ通い、宅建、管業、マン管・・その他の不動産関連資格に合格するとか、フルコミッション営業をしながら、実務を覚えて、【経験者】として固定給の会社へ就職・・

するとかね。独立してもいいしね。(笑)・・ま、パン屋の話も、不動産屋の話も、終身雇用の就職を目指している方には参考にならなかったと思います。終身雇用の会社に就職ができるのなら・・

それも良いとは思いますが、それが無理なら、どうしたら良いか?考えないとね。ニートや引きこもりをバカにするつもりはありませんが、そうならぬように、あるいは抜け出せるように頑張ってください。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.