ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談・世間話76
○数日前、なんとなくテレビを見ていたら、【成功は最低の教師・・】というビル・ゲイツの言葉を紹介してました。確かに、そんな気がします。いわゆる社長ブログと呼ばれるブログがクソ面白くもない・・

理由は・・己を成功者と位置づけて、上から目線で未熟者達に教える内容だからです。言葉は丁寧でも、そんなかんじのが多いと思います。宣教師のごとく成功を語る者は正に最低の教師です。

○人は成功からは学べなくても、失敗からは多くを学びます。痛い・・辛い・・怖い・・惨め・・等の嫌な経験をして、次回からは失敗を回避しようと努力するわけですね。失敗は大切な反省材料です。

○私は刃物で脅された事も、半殺しにされた事もあるし、骨が見える状態の切り傷に、指を突っ込まれて、かき回された事もあります。縫合の傷跡だらけで複数箇所の後遺症と共に生きるのも・・

生きている実感があります。ま、人生の反省材料には不自由してませんよ。不動産の仕事でも、悩んで眠れなかった回数は数え切れません。その経験を反省材料にして慎重な対応をしています。
雑談・世間話75
○穴を掘り終えたら、その穴を埋める・・そのような無駄な労働を強制する拷問があると聞いた事があります。報われない無駄な労働は精神的に辛く、人の心を痛めつける方法としては最高です。

不動産会社においても、無駄に思える仕事を指示される事は多いですが、それを無駄であると進言すれば居場所を失うでしょう。バカに指示された無駄な仕事にも、会社に残るために従うという・・

意味はあります。収入のため・・家族のため・・仕事を失うわけにはいかない・・無駄な結果が予想される仕事でも、逆らわずに続けなければならない・・そのようなケースは星の数ほどありますよ。

○不動産仲介会社には、一定期間(例・3ヶ月連続)契約がなかったら自主退職・・という流れ(慣習)みたいなものがありますが、現実的には1ヶ月間、契約が0だったら覚悟する必要があります。

2ヶ月目は、【自分なりに考えて動く】という自由が奪われます。上司の指示は命令に変わり、報われない労働に特化する事となり、気がつけば、自然な流れで、2ヶ月間連続で契約0・・となります。

3ヶ月目は、2ヶ月連続で契約が無かった事により、上司から責任の取り方について責められる事になります。『給料だけ受け取り、仕事はしないのか?』というような責めが続きます。毎朝の・・

ミーティングや会議で責められ、気持ちは暗くなるばかりで前向きな仕事など無理な精神状態となり、自然な流れで、3ヶ月連続0となり、コンビニで履歴書を買い、机の中の整理を始めるわけです。

そんな背景もあり、契約ネタに余裕がある者は翌月にまわしますね。上からは『月内に契約しろ!』と指示されても、『お客様の都合で・・』とか、『調査が間に合わない・・』などと言い訳をして・・

翌月の第一週に契約する・・それを繰り返す事で延命できますよ。(笑)・・ま、それでも3年に1回は、避けられないスランプが来ます。延命は先延ばしです。転職は避けられない職種です。ご用心。
大型連休前に!
4月も最終週・・もうすぐゴールデンウィークですよ!・・その前に、物件内にある残置物を処理しましょう!立ち退き・夜逃げ・解体予定の現場・・等で発生した所有権放棄の残置物を募集します!

東京・千葉・埼玉・神奈川の不動産業者様!建築業者様!『物件内に残置物があるけど、欲しい物があれば持って帰っていいよ!』とお考えの方がいましたら、是非!!私にメールをください。

いろいろな物を無料で引き取ります。残置物の量が減ります!廃棄処分費用の節約になりますよ!早朝・深夜も対応可能です!ゴミ屋敷やゴミ部屋は小物が沢山あるので大歓迎!!賃貸物件・・

相続物件・競売落札物件・任意売却物件・事故物件・・等の残置物も大歓迎!よろしくお願いします。ご連絡をお待ちしております。

残置物はありませんか?

雑談・世間話74
○頻繁に利用している司法書士を、『うち(当社)の先生』と紹介する社長さんは多いです。・・古くからの付き合い・・信頼関係がある・・安心して仕事を任せられる・・なんて感覚だと思います。

ま、人によりますが、長年の付き合いだという事に甘えている司法書士もいますので、動きの悪い司法書士なんか切り捨てて、若くてスピーディに動く司法書士に仕事を回したほうが良いですよ。

不動産仲介の取引において、一番に優先される人は売主・買主です。売主や買主の都合に合わせて決済日時を調整するわけで、司法書士の都合なんか関係ないんですよ。顧客側の都合に・・

合わせるのが仲介者や司法書士の仕事では?『その日は忙しい・・』とか、『その時間は他社の決済が・・』なんて言ってる司法書士がいたら、無理に依頼せず、別の司法書士に依頼すべきです。

動きの悪い大先生(笑)に依頼するメリットなんか何もありませんよ。代わりの司法書士なんかいくらでもいます。独立したばかりの若い司法書士が挨拶回りで来店したら、名刺交換しておいて・・

古い付き合いの大先生の都合がつかない時に利用してみては?きっと良い仕事をします。古い付き合いという理由で無条件に仕事を回しても甘く見られるだけです。相手は感謝などしてませんよ。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.